[HONDA]JMX Rd.9 ホンダが2013年以来のIA両クラスを制覇!

161024_27

■2016年10月23日(日)・決勝
■会場:スポーツランドSUGO
■天候:晴れ
■気温:18℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:6700人

IA1 レポート

年間9大会が設定された全日本モトクロス選手権は、いよいよ今季最後の一戦。宮城県のスポーツランドSUGOを舞台に、第54回MFJ-GPモトクロス大会が開催されました。第4戦でも使用されたSUGOは、丘陵地のアップダウンを生かしたダイナミックなレイアウトが特徴のコース。決勝日はやや雲が多めながら天候は晴れ、路面は最高のコンディションが保たれました。

この最終戦は、例年通り海外競技ライセンスでも参加できる国際格式で開催。そのためHondaは、IA1にコール・シーリー(Team Honda HRC)と山本鯨(Team HRC)を参戦させました。今季のシーリーは米国のAMAスーパークロス世界選手権シリーズとAMAプロモトクロス選手権シリーズの450ccクラスに参戦して活躍。一方の山本は、2014年からFIMモトクロス世界選手権シリーズにフル参戦してきました。

161024_28
161024_29

そして、Team HRCから全日本選手権にフル参戦している成田亮(IA1クラス)と能塚智寛(IA2クラス)は、ともにポイントランキングトップをキープしてこの最終戦に。シリーズタイトル獲得に向けてレースに挑みました。

IA1のヒート1。Team HRCの成田は、前戦終了時点で新井宏彰(カワサキ)を35点リードしていました。決勝ヒート1で海外からの参戦ライダーを抑えてホールショットを奪ったのは、その成田でした。これに山本と熱田孝高(スズキ)が続き、様子を見るように確実なスタートを切ったシーリーは、4番手で1周目をクリアしました。

2周目、シーリーが熱田をパスすると、Honda勢がトップ3を形成。この中で3番手に順位を落とした成田が、次周にシーリーを抜き返すと、会場は大歓声に包まれました。しかし、シーリーはすぐに逆転を果たすと、4周目には山本もパスして、先頭に立ちました。一方、成田はこの周にまさかの転倒。8番手まで順位を落としてしまいました。

161024_30

5周目以降、シーリーは本来の実力を披露して、一気にリードを拡大。完全な独走で勝利を収めました。山本は、中盤以降に後続の接近を許し、4位でゴールとなりました。そして成田は、転倒によって足を痛めながらも粘りの走りをみせ、チャンピオン争いの相手である新井の次となる8位でゴール。ワンシーズンにして、タイトル奪還を果たしました。

161024_31

転倒した際に足を負傷した成田は、ヒート1で年間タイトルの獲得を決めたこともあり、ヒート2への出場をキャンセル。レースは、山本とシーリーのホールショット争いでスタートしました。山本との争いを制したシーリーがトップに立ちましたが、両車は1周目に熱田の先行を許しました。しかし次周、シーリーが再び先頭に立つと、一気にリードを拡大し始めます。

山本は、小島庸平(スズキ)にも先行を許して4番手。熱田と小島と山本が、僅差で2番手集団を形成しました。すると山本は、5周目に小島、6周目には熱田を再び抜き返すと、2番手に順位を上げます。しかし思うようにリードを拡大することができず、背後には小島と平田優(ヤマハ)を僅差で従えた状態となりました。

8周目、3台によるバトルで小島が4番手に順位を下げ、山本は平田に先行を許して3番手。さらに、次周から山本のペースが落ちていき、小島も山本の前に出ました。抜かれた山本は終盤まで粘りの走りを続けましたが、ラスト4周となる14周目にミスして、9位でゴール。レースは、ヒート1と同様に独走状態を築いたシーリーが、2位に約37秒もの大差をつけて勝利しました。

161024_32
161024_33
【関連ニュース】
Hondaの「成田亮」と「能塚智寛」が全日本モトクロス選手権でチャンピオンを獲得

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

ページ上部へ戻る