[SUZUKI]MotoGP Rd.16 決勝 ビニャーレス、オーストラリアGPでセンセーショナルなポディウム!

161024_15

■2016年10月23日
■MotoGP 第16戦 オーストラリアGP 決勝
■場所:オーストラリア フィリップアイランドサーキット

2日間降り続いた雨が上がり、青空の下で迎えたオーストラリアGP決勝は、ビニャーレスが激走を見せ、日本GPに続く3位表彰台を獲得。レース終盤はチームメイトのエスパルガロとスリリングな3番手争いを繰り広げたものの、エスパルガロは残り5周で痛恨のスリップダウンを喫し、悔しいリタイヤとなった。

この週末初めてドライの路面で走ることになった決勝日ウォームアップは、通常より10分間延長され、スズキエクスターライダーのふたりは、どちらもポジティブなフィーリングで好タイムをマーク。

決勝スタート後は、エスパルガロが4番手から3番手に順位を上げ、そのまま快走を続け、ポジションを維持。ビニャーレスは後列13番手からのスタートだったため、他車のオーバーテイクに時間を要したものの、残り9周で3番手争いのチームメイトのエスパルガロ、ドゥカティのドビツィオーゾに追いつき、しばらく3人の激しい3番手争いが続く。

エスパルガロの転倒により4番手にポジションアップしたビニャーレスは、その後ドビツィオーゾをオーバーテイクし、さらに差を広げ、この争いを制した。ビニャーレスは、先週末の日本GPもてぎに続く2戦連続の3位表彰台獲得となった。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.16 ビニャーレス、オーストラリアGPでセンセーショナルなポディウム

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る