[HONDA]MotoGP Rd.16 オーストラリアGP プレビュー

20161021_honda_wgprd16_preiew_01

MotoGP レポート

日本GPからの連戦となる第16戦オーストラリアGPが、10月21日(金)~23日(日)の3日間、フィリップアイランド・サーキットで開催されます。一周4.4kmのフィリップアイランドは、高速コーナーが連続するレイアウトで、シーズンを通して高いアベレージスピードの高速サーキットの一つ。

アクセル全開で走る割合が多いので、エンジンの性能差がほとんど出ません。また、こうした特徴により、スリップストリームを使い合うことになるため、毎年し烈なバトルが繰り広げられます。今大会も壮絶な優勝争いとなることが予想されます。

前戦日本GPでは、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)がシーズン11回目の表彰台に立ち、シーズン5勝目を獲得。2年ぶり3回目のシーズンタイトルを勝ち取りました。
今年は第14戦アラゴンGPを終えて8人のウイナーが誕生し、競争の激しいシーズンとなっていました。その厳しい戦いの中で、マルケスは安定したリザルトを残し、アラゴンGPから2連勝を達成。シーズン5回目の優勝で、タイトル獲得を決めました。

シーズン13回の最多ポールポジションと最多優勝記録を樹立した2014年は、圧倒的な強さをみせて日本GPでタイトル獲得を決めました。
今年は、レギュレーションの変更でタイヤがブリヂストンからミシュランに代わり、全メーカー、全選手が一からのスタートとなる波乱含みのシーズンでした。その中でマルケスは、RC213Vが持つパフォーマンスを着実に引き出し、Hondaのホームレースとなる日本GPでタイトルを決めました。

この優勝でHondaは、最高峰クラスで2年ぶり通算22回目のコンストラクターズタイトルに王手をかけました。また、Repsol Honda Teamもチームタイトルに王手をかけました。

日本GPはダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)がケガのために欠場。急きょ、青山博一が代役出場して1ポイントを獲得しました。
今大会は、03年から08年までRepsol Honda Teamに所属し、Honda World Superbike Teamからスーパーバイク世界選手権に参戦するニッキー・ヘイデンが代役として出場します。
Honda時代には、フィリップアイランドで3回の表彰台に立っているヘイデン。Repsol Honda Teamとしては8年ぶりのオーストラリアGPとなりますが、代役出場に闘志をかき立てています。

これまで苦手としていた日本GPを予選5番手、決勝5位で走ったカル・クラッチロー(LCR Honda)は、得意とするオーストラリアGPに気合を入れています。日本GPでもコースアウトがなければ表彰台争いに加われただけに、その悔しさをフィリップアイランドで晴らす意気込みです。
昨年の大会は予選5番手、決勝7位。今年は12年大会以来の表彰台獲得を目指します。

MotoGP2年目のジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Mark VDS)は、ホームレースとなるオーストラリアGPに気合を入れています。
ルーキーだった昨年は15位という不本意なリザルトでしたが、今年はオランダGPの優勝ライダーとしての凱旋です。前戦日本GPを転倒でリタイアしてしまっただけに、大好きなサーキットの一つであるフィリップアイランドで今季2度目の表彰台を目指します。

チームメートのティト・ラバトは、MotoGPで初めてのオーストラリアGPを迎えます。Moto2クラスに参戦していた昨年はケガのため欠場しているので、2年ぶりのオーストラリアGPとなります。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る