【新車】トライアンフ、新たなる方向性を示すニューモデル『BONNEVILLE BOBBER ボンネビル ボバー』を発表

BOBBER_LIGHTER_TRIUMPH_1110_GRD_RT_NEW_BG

トライアンフモーターサイクルズジャパンは10月19日ロンドンにある“The PRINTWORKS VENUE”を特設会場としてフルモデルチェンジした水冷ボンネビルシリーズの新たなる方向性を示すニューモデル『BONNEVILLE BOBBER ボンネビル ボバー』を発表した。

Bonneville BOBBER ボバー登場!!

このスペシャルローンチイベントには7回のワールドチャンピオンに輝いたレジェンドのカール・フォガティ、3度のチャンピオンに上り詰めたフレディ・スペンサー、日本でも活躍中のレーシングドライバー、ミハエル・クルムなど世界各国からレジェンドやスター、数多くのモーターサイクルジャーナリスト、セレブレティが一堂に会した。

またイギリスの老舗音楽メディアのNMEアワードを受賞したTHE VACCINESとDJ Harriet Roseが激しくインディーロックで盛り上げる会場内でボバーのホットロッドレースが行われるなどエキサイティングな雰囲気の中で披露された。

一般への公開は11月8日、ミラノで開催されるEICMAショーの予定となっており、日本での発売は未定。

以下プレスリリースより

ワイルドな美しさ ~生粋の Bonneville ホットロッド~

BOBBER2_LIGHTER_TRIUMPH_1087_GRD_RT_NEW_BG

Bonnevilleファミリーに新たに加わる新型プレミアムカスタムとなる、Bonneville Bobber。1940年代に発生した正統な「Triumph ボバーカスタムスタイル」の血統を引き継ぐNew Bonneville Bobberは、ミニマルなスタイリングコンセプト、力強く迫る姿、そして設計へのこだわりという真のボバー精神を見事に表現しています。

Bonneville T120を極限までそぎ落としたその車体には、すっきりとしたライン、ロー&ロングなスタイル、シングルシート、ワイドフラットバー、ミニマルスタイルのボディとヘッドライト、独自形状のタンク、ワイヤースポークホイール、幅広のリアホイール、そしてかかすことのできないハードテイルスタイルが光ります。

MY17_Bobber_BA8I5560

その他にもステンレススチール製ストラップを使用した正統派のバッテリーボックス、バーエンドミラー、リアフェンダーステー、キャブレターをほうふつとさせるツインスロットルボディ、ワイドなアジャスタブルハンドレバー、定番のラバーフォークブーツ、クラシックなドラムブレーキ風リアハブ、新デザインのサイドパネル、取り外し式点検用キャップ付きのスプロケットカバーなど、ボバーの特徴に目を魅かれます。

正真正銘ファクトリーカスタムのBonneville Bobberには、ブロンズの1200HTエンジンバッジ、おなじみの三角のTriumphマーク、艶消しエンジンカバー、ブランドマーク入りタンクキャップ、シルバーサテンとグラファイトのハンドルバーライザーなど、上質感あふれる仕上げの数々が施されます。

Bobber Triumph Motorcycles-vert

Bonneville Bobber モレーロ レッド

20

18172119

Bonneville Bobber ジェットブラック

14

13121511

Bonneville Bobber アイアンストーン

9

87106

Bonneville Bobber コンペティショングリーン&フローズンシルバー

4

3150

エンジニアリングイノベーション

MY17-Bobber-4-LF

Bonneville Bobberではライディングポジション調整機能をクラス初採用しています。シートは人間工学に基づき最適化され、ライダーの身長やライディングスタイルに合わせて調整できるようになっています。特別設計されたシートは位置の調整が可能です。シートを低く設定するとシート高が690mmまで下がり、あらゆるライダーに対応することが可能です。

爽快なライディングとサウンド

Bonneville T120と同じ、高評価を受ける1200cc高トルク型エンジンを搭載し、ライディング性を最大に向上させるため、Bonneville Bobber専用に開発された独自のツインエアボックスシステムには、2つのフィルター、独自の吸気・排気装置、新しいアウトプットシャフトが採用されています。

主な装備

MY17_Bobber_BA8I6952

■ライドバイワイヤ
ツインスロットルボディにより走行性能、走行フィール、安全性、操縦性を強化

■ライディングモード
ライド・バイ・ワイヤーシステムと連携した2つのライディングモード(ROAD、RAIN)の選択が可能です。新しいスイッチハウジングからライディングモードを選択すると、専用のスロットルマップへ命令が送信され、異なる走行条件で最大のコントロール性と安全性が確保されます。

■ABS
新世代のアンチロックブレーキシステム搭載。安全性と操縦性を新たなレベルに進化させつつ、介入のさりげなさや見た目のコンパクトさは従来どおり

■切替式トラクションコントロール
メーター画面から切替可能なトラクションコントロールがライダーの安全性と快適性を最大限に確保

■トルクアシストクラッチ
クラッチレバーの操作力を軽減。クラッチに軽く触れるだけでよいので長時間走行でも疲れ知らず

■LEDリアライト
クラシカルなデザインに溶け込むライト。独自の配光パターンを採用し、省エネ効果と視認性をアップ

■エンジンイモビライザー
イモビライザーはTriumphバッジの付いた新しいキーに組み込まれています。

■スタイリッシュなメーター
機能満載の高品質メーター。走行中に指先で操作できるスマートなデジタルメニューシステムが搭載されています。

■デジタルメニュー
・ギアポジションインジケーター
・オドメーター
・トリップメーター2種類
・メンテナンスインジケーター
・推定走行可能距離
・燃料計
・平均燃費/瞬間燃費
・時計
・トラクションコントロール設定

新型Triumph Bobber-Bonneville のピュアなホットロッド

 

⇒BONNEVILLE BOBBER 製品ページ

 

情報提供元 [ Triumph Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る