【新車】ヤマハ、BLUE COREエンジンと軽量な車体を採用したスクーター「XMAX 300」を欧州向けに発売

2017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Action-001

ヤマハは、走る楽しさと実用機能を新ボディに調和させたスクーターの新製品「XMAX 300」を2017年3月より欧州で発売することを発表した。

欧州では現行「XMAX 250」のモデルチェンジとなり、製造はインドネシアのグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行い、グローバルモデルとして、欧州のみならず世界各国への展開を予定している。

欧州の126~300ccスクーター市場は欧州全体で約9万台の需要があり(2015年ヤマハ調べ)、通勤用途を主体に安定推移が見込まれている。
「XMAX 250」は、長年にわたりスタイリングと走りの良さが評価され、欧州で根強い人気を得ているが、近年、排気量に余裕ある300ccへの注目度が高まるなか、新たに開発したのが今回の「XMAX 300」となる。

欧州参考小売価格は5,499ユーロ。

走る楽しさと実用機能の調和

2017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Static-001

「XMAX 300」は、”MAXimize, commuting FUNction”のコンセプトのもと、走る楽しさと実用機能を調和させ、グローバル展開を担える製品として設計された。

デザインは、MAXシリーズの特徴である“ブーメラン”モチーフや2眼ヘッドライトを進化させつつ、“X”をモチーフにしたフェイス&テールを採用し、細部の仕上げや質感にこだわっている。

主な特徴

2017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Detail-012

1)クラス最高レベルの加速性能、優れた環境性能を狙い開発した新設計水冷・BLUE COREエンジン
2)スポーティな走りを支える179kg軽量ボディとモーターサイクル型フロントフォーク
3)快適な運転を支援するABS、TCS(トラクションコントロールシステム)
4)ヘルメット2個収納できるシート下トランク
5)キーを取り出すことなく、メインスイッチ操作が行えるスマートキー
6)MAXシリーズのDNAを継承しつつXMAXとしての進化を加えた新デザイン、など。

2017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Detail-0072017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Detail-0162017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Detail-0212017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Detail-0222017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Detail-020

2017 X-MAX300 Quasar Bronze

2017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Studio-0012017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Quasar-Bronze-Studio-002

2017 X-MAX300 Matt Grey

2017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Matt-Grey-Studio-0012017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Matt-Grey-Studio-002

2017 X-MAX300 Milky White

2017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Milky-White-Studio-0012017-Yamaha-X-MAX-300A-EU-Milky-White-Studio-002

2017 X-MAX300 主要仕様諸元

全長×全幅×全高:2185mm×775mm×1415mm
シート高:795mm
最大出力:20.6 kW / 7,250 rpm
最大トルク:29.0 Nm / 5,750 rpm
車両重量:179kg
原動機種類:水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列:単気筒
総排気量:292cc

 
→全文を読む 

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る