NEXCO、対策の実施により海老名JCTの渋滞が緩和

20161019_nexcoebina_01

対策の実施により海老名ジャンクションの渋滞が緩和(圏央道八王子方面から東名高速道路に向かうランプ付近)~運用後2カ月の効果について~

NEXCOは、海老名ジャンクション付近での渋滞緩和を目指した対策を7月15日より運用して2か月、渋滞が改善したことを発表した。

圏央道八王子方面から東名高速道路方面に向かう(内回り方向)ランプ付近での渋滞緩和を目指し、ランプの2車線化および本線部の一部1車線化による暫定運用を7月15日より開始した。

1年前に比べ、2015年10月に圏央道が東北道までつながったことにより、内回り方向のランプ交通量が約1割増加したが、今回の対策により、年間でも交通量の多いお盆期間を含めた運用後2カ月間において、ランプ付近で発生していた渋滞の回数が4割減少、渋滞の時間が3割減少した。

また、ETC2.0データにより、海老名インターチェンジ~海老名ジャンクション間(約1.2km)について、平日の混雑時間帯における平均通行速度が約10km/h以上(3割)改善したことが分かった。

20161019_nexcoebina_002

>>参考資料:位置概略図

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る