NEXCO、対策の実施により海老名JCTの渋滞が緩和

20161019_nexcoebina_01

対策の実施により海老名ジャンクションの渋滞が緩和(圏央道八王子方面から東名高速道路に向かうランプ付近)~運用後2カ月の効果について~

NEXCOは、海老名ジャンクション付近での渋滞緩和を目指した対策を7月15日より運用して2か月、渋滞が改善したことを発表した。

圏央道八王子方面から東名高速道路方面に向かう(内回り方向)ランプ付近での渋滞緩和を目指し、ランプの2車線化および本線部の一部1車線化による暫定運用を7月15日より開始した。

1年前に比べ、2015年10月に圏央道が東北道までつながったことにより、内回り方向のランプ交通量が約1割増加したが、今回の対策により、年間でも交通量の多いお盆期間を含めた運用後2カ月間において、ランプ付近で発生していた渋滞の回数が4割減少、渋滞の時間が3割減少した。

また、ETC2.0データにより、海老名インターチェンジ~海老名ジャンクション間(約1.2km)について、平日の混雑時間帯における平均通行速度が約10km/h以上(3割)改善したことが分かった。

20161019_nexcoebina_002

>>参考資料:位置概略図

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る