ヤマハのNo.1メカニックを競う「ワールド・テクニシャン・グランプリ2016」スポーツモデルクラスで日本代表が優勝

20161019_yamaha_wtg_01

ヤマハ発動機は、2016年10月12日、世界21の国と地域から選抜されたヤマハ二輪サービスマン(ディーラー・販売店のメカニック)21名がサービスの「技」を競い合う「第7回ヤマハ・ワールド・テクニシャン・グランプリ2016」を開催した。

スポーツモデルクラスでは、日本代表の鮫島遼平(YSP川崎中央)、コミューターモデルクラスは、インド代表のジグネシ・ギリシュクマール・ラナ(PLANET AUTOMOBILES)が優勝した。日本人の優勝は2003年の第2回大会以来、13年ぶりとなる。

競技は、「スポーツモデルクラス」と「コミューターモデルクラス」の2つのカテゴリーに分かれ、タイヤ交換などの基礎整備の正確性を競う「基礎整備技術競技」、故障の原因を的確に診断し修理する技術を競う「故障探求競技」、修理箇所の説明など顧客とのコミュニケーションスキルを競う「お客さま対応競技」の3種目でサービスの「技」を競い、その総合得点により順位を決定した。

ヤマハでは、“One to One Service(プロの整備技術でひとりひとりの顧客とのより良い関係づくり)”を合い言葉に、「世界中のヤマハ販売店で、どこでも均一で高品質なサービスが受けられること」を目的に掲げ、独自の世界統一基準によるサービスマン教育プログラム「YTA(ヤマハ・テクニカル・アカデミー)」を2000年より推進している。

2016年10月現在、すでに46拠点・約33,000人がYTA認定整備士としての資格を有し、各国地域で活躍している。

また、ヤマハ・ワールド・テクニシャン・グランプリ2016スペシャルサイトでは歴代入賞者やMotoGPで活躍する整備士からのメッセージも紹介されている。

>>ヤマハ・ワールド・テクニシャン・グランプリ2016スペシャルサイト

20161019_yamaha_wtg_02▲スポーツモデルクラス入賞者
1位:鮫島 遼平(日本)
2位:Luke Pakkala(カナダ)
3位:Remco Van Wijk(オランダ)

20161019_yamaha_wtg_03▲コミューターモデルクラス入賞者
1位:Jignesh Girishkumar Rana(インド)
2位:Tan Chor Sian(マレーシア)
3位:Zhong Shunhai(中国)

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る