国土交通省、「道の駅」に新たに14駅を追加 全国で1,107駅に

161018_45

国土交通省は、平成5年に創設された「道の駅」制度において、市町村等からの申請に基づき、国土交通省道路局で登録を行っているが、今回、新たに14駅登録したことを、2016年10月7日に発表した。

これにより全国の「道の駅」は、1,107駅となった。

》「道の駅」の第46回登録について

以下プレスリリースより


「道の駅」の第46回登録について
~今回14駅が登録され、1,107駅となります~

「道の駅」登録箇所一覧(平成28年10月7日登録)

161018_42
161018_44

道の駅「平泉」

◆路線名:一般国道4号
◆所在地:岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽112-2
◆面積および施設等
・面積:約16,000m2
・施設:駐車場126台、トイレ38器、情報提供施設、休憩コーナー、農産物直売所、レストラン、イベント広場、柳之御所資料館、防災施設、EV急速充電器
・整備手法:一体型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・北東北のゲートウェイであり平泉町内の観光情報等のほか、岩手県内・三陸ジオパークや北東北の観光周遊誘導情報発信の拠点
・地域農産物等の直売所、地域農産物を活用した加工品など6次産業化を促進し、特産品の開発など新たな魅力の創出
・世界遺産追加登録を目指す柳之御所遺跡(資料館・今後整備予定のガイダンス施設)との一体的な整備

道の駅「川のみなと長井」

◆路線名:一般国道287号
◆所在地:山形県長井市東町2番50号
◆面積および施設等
・面積:約12,000m2
・施設:駐車場120台、トイレ19器、地域特産物紹介コーナー、軽食コーナー、まちづくり紹介コーナー、休憩コーナー、情報提供施設、観光案内所
・整備手法:単独型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・最上川(かわ)とまちなか(まち)を繋ぐフットパスの拠点施設
・地元の生産者との協力による長井の特産物の紹介・販売
・市内団体、商店街等の活動やイベントを発信し、まちなかへ誘導する拠点施設
・道の駅導入初となる空間表示ディスプレイのアイストップ効果による観光情報の発信

道の駅「国見あつかしの郷」

◆路線名:一般国道4号
◆所在地:福島県伊達郡国見町大字藤田字日渡二18番1
◆面積及び施設等
・面積:約26,000m2
・施設:
・整備手法:一体型
◆オープン予定:H28年度
◆特徴
・災害拠点としての宿泊施設を備えた避難者受入れ施設
・歴史的観光資源等の情報提供施設
・国見の農産物ブランドの発信及び販売拠点

道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」

◆路線名:東秩父村村道1-1号線
◆所在地:埼玉県秩父郡東秩父村大字御堂441番地
◆面積および施設等
・面積:約29,000m2
・施設:駐車場139台(電気自動車急速充電施設有)、トイレ11器、バスターミナル体験交流施設、情報提供施設、農産物直売所、物産販売所、飲食施設、研修室、多目的広場、郷土資料館、公衆電話
・整備手法:単独型
◆オープン予定:H28年度
◆特徴
・平成26年に手漉き和紙技術がユネスコ無形文化遺産に登録された「細川紙」を継承する施設、和紙漉き体験や、和紙の歴史および村の文化等を学ぶことが可能
・ハブ化した路線バスのターミナルの整備、農産物直売所の整備

道の駅「ヘルシーテラス佐久南」

◆路線名:一般国道142号、市道25-3号線
◆所在地:長野県佐久市伴野7番地1
◆面積および施設等
・面積:19,000m2
・施設:駐車場141台、トイレ37器、公衆電話1台、休憩・情報提供施設、
農産物・物産品直売所、製造加工施設、加工体験施設、レストラン、軽食コーナー、ふれあい広場
・整備手法:単独型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・「健康長寿」をキーワードとし、安心安全な野菜や健康長寿食の提供をはじめ、施設で行う事業はすべてこの健康長寿のフィルターを通して発信
・「地域おこし協力隊」と連携し、米粉パンや野菜、果物ペーストの開発を進める(6次産業化の推進)
・災害時の地域および広域の防災拠点として活用するため、太陽光発電や蓄電池設備を備えるほか、必要な情報を収集するため公衆無線LAN環境を整備

道の駅「庭園の郷保内」

◆路線名:市道大崎547号線(一般国道403号)
◆所在地:新潟県三条市下保内4035番地
◆面積および施設等
・面積:約29,000m2
・施設:駐車場197台、トイレ18器、庭園生活館(情報コーナー、休憩コーナー、資材館・配売スペース)、庭園体験館(レストラン、和室)
・整備手法:単独型
◆オープン予定:H28年度
◆特徴
・保内地区の主力産業である植木、庭木の展示販売を通じて庭園の魅力を発信する場として整備
・周辺の庭園施設と連携し、保内地区における植木産業の地名度向上を図る拠点

道の駅「のと千里浜」

◆路線名:市道羽咋3号線(一般県道若部千里浜インター線)
◆所在地:石川県羽咋市千里浜町タ1番地62
◆面積および施設等
・面積:約18,000m2
・施設:駐車場166台、トイレ20器、地域振興施設(農水産物等販売・加工施設、飲食提供施設)、EV急速充電設備、情報・休憩コーナー、多目的広場、EV・RV用駐車スペース、足湯施設
・整備手法:単独型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・農薬等を使わない自然栽培農法の普及と農産物の生産・加工・販売・流通を循環させる拠点
・能登半島の入口であり、「のと里山海道」「千里浜なぎさドライブウエイ」等に隣接する立地を活かした、広域観光や羽咋市の魅力、特産品等の情報発信拠点
・避難所機能や、能登半島の入口である立地を活かした災害時の後方支援拠点

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」

◆路線名:一般国道136号
◆所在地:静岡県田方郡函南町塚本887番地の1
◆面積および施設等
・面積:約13,000m2
・施設:駐車場113台、トイレ31器、交通情報案内施設、観光情報案内施設、物産販売所等、飲食施設、コミュニティ広場、展望歩道橋、受水槽、防災倉庫、非常用発電設備、急速EV充電設備2台、駐輪場(バイク・自転車)
・整備手法:単独型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・伊豆半島の入口に位置し、地域の多様な観光情報発信をするためのゲートウェイ機能として、観光情報案内施設(コミュニティFMのオープンスタジオ)を設置、観光コンシェルジュを配置する。(伊豆半島内の8駅を一体として重点「道の駅」に選定)
・伊豆玄関口の象徴である富士山の全景眺望を背景に、町内の農産物や酪農製品を中心に、伊豆地域各市町の地場産品を提供し、伊豆半島ジオサイトツアーの発着拠点として機能する。
・防災機能として本体敷地には受水槽、防災倉庫、非常用発電設備を備え、災害発生時はコミュニティ広場は災害対応を優先、展望歩道橋で隣接する狩野川塚本地区河川防災ステーション(川の駅)と連携する。

道の駅「お茶の京都みなみやましろ村」

◆路線名:一般国道163号
◆所在地:京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字殿田02番地他
◆面積および施設等
・面積:約13,000m2
・施設:駐車場35台、トイレ11器、情報発信施設
休憩施設、地域特産品販売施設、飲食施設、加工場、村民百貨店、ふれあい交流広場
・整備手法:一体型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・「村で暮らし続けるための仕掛けづくり」として、お茶を活用した商品開発(ブランド化)及び即売、飲食の提供で新たな産業と雇用を創出する施設
・村民百貨店整備、コミュニティバス運行、宅配サービスと高齢者見回り等、日常生活支援と地域情報の発信、交流促進でコミュニティ強化を図る施設
・災害時の行政機能拠点化と道路利用者、来訪者の一時避難機能を有する施設

道の駅「みさき」

◆路線名:一般国道26号
◆所在地:大阪府泉南郡岬町淡輪5654番地の3
◆面積および施設等
・面積:約11,000m2
・施設:駐車場80台、トイレ19器、情報・休憩コーナー、地域振興施設、特産品直売所、交流広場情報提供施設、EV充電器1台
・整備手法:一体型
◆オープン予定:H28年度
◆特徴
・海水浴場や多くの観光・レジャー施設と連携した地域の活性化を図る地域振興施設
・国道の沿道で、海等を臨む眺望にドライバーや地域住民の交流と憩いになる施設
・災害時に一時避難所としての活用可能な機能を有する施設

道の駅「山陰海岸ジオパーク浜坂の郷」

◆路線名:主要地方道浜坂井土線
◆所在地:兵庫県美方郡新温泉町栃谷57番地
◆面積および施設等
・面積:約5,000m2
・施設:駐車場45台、トイレ14器、物販棟、レストラン棟、情報提供施設、イベント広場、観光・体験案内カウンター(物販棟内)
・整備手法:一体型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・観光コンシェルジュ窓口を常設し、美しい海岸や滝、温泉などのジオサイト及び各サイトでの体験メニュー、施設の営業状況など地域情報を集積することにより、立ち寄ったその場で観光プラン立案・提供
・農林水産物直売所及び地元食材を提供するレストランを設置し、但馬牛や松葉ガニ、ホタルイカなど新温泉町の豊富な特産品を提供

道の駅「くしがきの里」

◆路線名:一般国道480号
◆所在地:和歌山県伊都郡かつらぎ町大字滝53番地の1
◆面積および施設等
・面積:約10,000m2
・施設:駐車場72台、トイレ21器、物産販売施設、飲食提供施設、情報提供施設、イベント広場
・整備手法:単独型
◆オープン予定:H28年度
◆特徴
・地元農産物等の直売所(ファーマーズマーケット)、カフェ・パン工房、レストランの整備(6次産業化の推進)により特産物等の買い物と飲食ができる憩いの場を提供
・農業者、商業者、観光客、市民などの交流コミュニティスペース(体験交流室)の整備により町民と来街者の出会い・交流の場を提供

道の駅「琴の浦」

◆路線名:一般国道9号東伯・中山道路
◆所在地:鳥取県東伯郡琴浦町別所1030番地1
◆面積および施設等
・面積:約18,000m2
・施設:駐車場148台、トイレ33器、水産物販売所、農産物販売所、特産販売所、軽食、休憩施設、道路情報提供施設、地域情報提供施設
・整備手法:一体型
◆オープン予定:H29年度
◆特徴
・ゲートウェイ機能の拠点として観光交流情報提供窓口を設置し、町内観光案内をはじめ、移住定住・就労支援など、様々な情報を専属職員が情報発信
・地域センター型である既存「道の駅」との一体的な運用で、6次産業化などによる「琴浦ブランド」の確立を推進

道の駅「しろいし」

◆路線名: 主要地方道武雄福富線
◆所在地:佐賀県杵島郡白石町大字福富下分304番地3(予定)
◆面積および施設等
・面積:約8,900m2
・施設:駐車場89台、トイレ30器、情報発信スペース、休憩コーナー、農産物直売所、地場産品販売コーナー、加工所、レストラン、ファストフードコーナー、休憩ベンチ
・整備手法:一体型
◆オープン予定:H30年度
◆特徴
・道の駅の開業支援や特産品開発に携わった地域おこし協力隊員を指導スタッフとして雇用
・地元農産物等の直売所、加工所、レストラン、フードコートの整備(6次産業化の推進)
・出荷者(農業、商工業者等)、観光客、町民などの交流スペース(多目的会議室)の整備

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る