[HONDA]SBK Rd.12 ヘイデンが両レースで4位、ファン・デル・マークが5位/6位でポイントを獲得

161017_38

■2016年10月15日(土)~16日(日)・決勝
■会場:ヘレス・サーキット
■天候:15日/晴れ、16日/晴れ
■気温:15日/21℃、16日/24℃
■コースコンディション:15日/ドライ、16日/ドライ
■観客:1万3223人(3日間:2万3145人)

WSB レポート

第12戦スペイン・ヘレス大会が、10月14日(金)から16日(日)までの3日間、スペインのヘレスで開催されました。今大会は3日間を通じて快晴に恵まれ、絶好のコンディションの中でフリー走行、予選、そして決勝が行われました。

161017_39

Honda World Superbike Teamの両選手は、第1レース、第2レースともに表彰台争いを視野に入れ、セカンドグループで戦うという展開となり、ニッキー・ヘイデンが両レースで4位フィニッシュしました。

今大会は、フリー走行、予選、決勝と着実にセットアップを進めました。一発のタイムも連続周回のアベレージも向上。そして5番グリッドから挑んだ決勝では、チャンピオン争いをするドゥカティとカワサキの3選手のし烈な戦いを視野に入れながら走行しました。

今大会は表彰台を獲得することはできませんでしたが、スーパーバイク世界選手権に初チャレンジの今シーズンは、レースをこなすごとにCBR1000RRのパフォーマンスを確実に引き出しています。今年は12戦を終えてランキング5位ですが、来季はチャンピオン争いに加わることを感じさせるレースでした。

161017_40

チームメートのマイケル・ファン・デル・マークは、フリー走行ではセットアップにやや苦戦し、予選も11番手と思うような走りができませんでしたが、決勝では両レースともにすばらしい追い上げをみせました。

第1レースはセカンドグループの混戦を抜け出し、4番手を走るチームメートのヘイデンの背後に迫り5位でフィニッシュ。第2レースでは電気系にトラブルを抱えペースをキープできませんでしたが、後半はペースを戻し、シルバン・ギュントーリ(ヤマハ)とバトルを繰り広げ6位でチェッカーを受けました。

12戦を終えて総合4位につけるファン・デル・マーク。最終戦カタール大会では、チームメートのヘイデンとともに優勝、表彰台を狙います。

【フォトギャラリー】
【WSBK】Rd.12 DUCATIのチャズ・デイビスが2大会連続の完全制覇を達成

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る