[DUCATI]MotoGP Rd.15 決勝 日本GPでドヴィツィオーゾが2位表彰台を獲得、バルベラは17位完走

161017_18

2016 MotoGP第15戦日本GPの決勝が10月16日にツインリンクもてぎで開催され、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾが2位でフィニッシュし、表彰台に登壇した。

ドヴィツィオーゾは、2列目から見事なスタートを切ったが、第1コーナーでポジションを落としてオープニングラップを5番手で通過。その後、6周目にアレイシ・エスパルガロ(スズキ)をオーバーテイク。ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)との差を少しずつ詰めていった。

そのロレンソが20周目にクラッシュ。後方からマーベリック・ビニャーレス(スズキ)が迫ってきたものの、ドヴィツィオーゾは巧みに追撃をかわして、2位でフィニッシュラインを通過した。

161017_19

ドゥカティ・チームのオフィシャルライダーとしてのデビュー戦となったバルベラは、3列目からのスタート。いくつかポジションを落としたが、反撃に転じてダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)をパスしてポル・エスパルガロ(ヤマハ)に迫った。

エスパルガロを攻略しようとした際、バルベラはミスを犯してクラッシュ。マシンにダメージを負いながらも再スタートを切り、17位でフィニッシュした。イアンノーネの骨折はまだ完全に回復していないため、バルベラはフィリップ・アイランドで開催される次戦のオーストラリアGPでもデスモセディッチGPに乗る予定。

161017_20

■アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGPチーム #04) 2位
今日は本当にタフなレースだった。スタートは良かったが、最初のコーナーでバレンティーノに行く手を阻まれてポジションを落として、上位3台と差ができてしまった。だが、冷静さを保って、周回を重ねる毎にロレンソとの差を詰めていった。

余計なリスクは冒さないつもりだったが、もう少しでオーバーテイクできるというところで、彼がちょっとしたミスをしてクラッシュした。マシンフィールはとても良かったし、自分のレース・マネージメントにも満足している。常にクラッシュの危険があったので、リスクは冒さなかった。

それでもレースを通じてコンスタントなペースで周回できた。僕にとっても、ドゥカティにとっても重要なリザルトだ。今週は良い仕事ができた。マシンのベースは良いので、後はもう少し上積みできるよう今後も努力を重ねたい。

■エクトル・バルベラ(Ducati MotoGPチーム #08) 17位
ファクトリーライダーとして、2016デスモセディッチGPで参戦できて素晴らしい経験となった。この機会を与えてくれたドゥカティとアビンティア・レーシングに感謝したい。すべてが初めてのことばかりだった。マシンも、チームスタッフも全然知らなかったが、セッションが進むにつれて状況が改善した。

残念ながら、レースでは良いスタートが切れなかった。いつも乗っているマシンとはクラッチ特性がまったく違ったので、いきなり2つポジションを落とした。ペトルッチのオーバーテイクには十分時間をかけた。

その後はポル・エスパルガロを捕らえて、何度かオーバーテイクを試みた。それまでよりもハードにアタックしたら、クラッシュしてしまった。今日は5位か6位でフィニッシュできると思っていただけに残念でならない。マシンを引き起こして再スタートしたが、ウィングが2箇所破損してしまい、それまでと同じようには走れなかった。

いずれにしても、本当に素晴らしい体験だった。そして、来週のフィリップ・アイランドでも二度目のチャンスをもらえることが分かり、心からハッピーだ。

【フォトギャラリー】
【DUCATI】MotoGP Rd.15 ドヴィツィオーゾが2位表彰台を獲得、バルベラは17位

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

ページ上部へ戻る