[HONDA]MotoGP Rd.15 フリー走行 マルケスが4番手、クラッチローが5番手で初日を終える。ペドロサはケガのために今大会を欠場し、青山が代役で出場

161017_14

■2016年10月14日(金)・フリー走行
■会場:ツインリンクもてぎ
■天候:晴れ
■気温:21℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

シーズン終盤を迎え、タイトル争いの天王山となる第15戦日本GPのフリー走行が行われました。タイトルに王手をかけるマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が4番手とまずまずのスタートを切りました。午前中の走行では順調にラップを刻んで2番手。午後のセッションでは、4番手タイムをマークしました。

この日は、タイヤのテストに集中し、決勝に向けて準備を進めました。午後のセッションでは、ハードスペックのフロントタイヤにトライしているときにヘアピンで転倒しましたが、再スタートを切ると、そのまま走行を継続、セッション終盤に初日のベストタイムをマークしました。

「転倒したあとに、そのまま走行を続け、ラップタイムを更新したのはポジティブ」とマルケスは手応えをアピールしました。

161017_15

5番手にはカル・クラッチロー(LCR Honda)で、これまで苦手としてきたサーキットで、上々のスタートを切りました。シーズン中盤戦に入って調子を上げているクラッチローは、この日は、いくつかの異なるセッティングにトライし、セットアップの方向性を見極めることに成功しました。

2日目も引き続きセットアップに集中しますが、ツインリンクもてぎのベストリザルトに向けて好スタートを切りました。

161017_16

2年連続の日本GP制覇に闘志を燃やしていたダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、午前中の走行で5番手、午後の走行ではさらにポジションを上げる意気込みでしたが、新品のタイヤを入れたアウトラップで転倒を喫しました。医務室に運ばれて診察を受けた結果、右鎖骨の骨折が判明、今大会を欠場することとなりました。

161017_17

転倒したのは”90°コーナー”と呼ばれる11コーナーで、ハイサイドを喫したペドロサはマシンから放り出され、路面に着地した衝撃で右鎖骨を骨折しました。ペドロサは、スペインに帰国、バルセロナの病院で手術を受ける予定です。

代役として、RC213Vの開発テストを担当する、青山博一が出場することが決まりました。青山のレース参戦は、昨年のドイツGP以来となります。

【関連ニュース】
MotoGP日本グランプリで負傷したダニ・ペドロサ選手がバルセロナでの手術を無事終了

ケガのために欠場していたジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は復帰を果たし、18番手でした。復帰第1戦の初日は、思うようにタイムを短縮できませんでしたが、周回を重ねるごとに実戦の感覚を取り戻しました。チームメートのティト・ラバトは19番手。ミラーとともに、2日目はタイム短縮とポジションアップに挑みます。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る