MotoGP日本グランプリで負傷したダニ・ペドロサ選手が、バルセロナでの手術を無事終了

160927_05

Repsol Honda Teamのダニ・ペドロサは、ツインリンクもてぎで開催されたMotoGP日本グランプリで、14日に行われた2回目のフリー走行中に転倒。これにより骨折した右鎖骨を治療するため緊急帰国し、15日午後にスペイン・バルセロナのユニバシタリ・デセウス病院で手術を受け、無事終了した。

手術は、バルセロナにあるホスピタル・ユニバシタリ・デセウス病院のカタルーニア・外傷学・スポーツ医療研究所(ICATME)所属のビクター・マレット氏率いるチームによって行われた。

以下公式サイトより


執刀医のビクター・マレット氏及びセルジ・バレラ氏の報告によると、「CTスキャンの結果、ペドロサ選手は右鎖骨に4カ所の粉砕骨折が確認されました。また、右腓(ひ)骨の骨頭内骨折も確認されましたが、変位は見られなかったため、手術の必要はなく、固定のみの治療となりました。

右鎖骨の手術は、観血的整復とチタン製プレートによる固定が行われ、無事終了、これより数日はペドロサ選手の術後経過を確認するための検診を行います」と説明されました。

Repsol Honda Teamは今後、引き続きペドロサ選手の状況についてご報告いたします。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、「YOSHIMURA MEETING 2…
  2. ▲YZR-M1 2012年以来、7年連続7回目の日本GP出場 2018年10月21日(日)、…
  3. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  4. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
ページ上部へ戻る