【新車】ブライト、限定モデル「Ninja H2 Carbon」を発表 H2R同様のカーボンファイバーアッパーカウルを装着

161014_53

12月20日までの注文期間限定。入荷数の少ない希少モデル!

カワサキブランドのモーターサイクル(インポートモデル)を輸入・販売しているブライトは、Ninja H2R同様のカーボンファイバーアッパーカウルを装着した限定モデル、「Ninja H2 Carbon」を発表した。

車体には特別な塗装を施し、スーパーチャージャーにはシリアルナンバープレートを装着した特別な1台となっている。車体色は「ミラーコートマットスパークブラック」1色。スペックは現時点で公開されていない。

なお、注文期間は12月20日までに限定されており、若干数の取り扱いとなる見込みとのこと。入荷予定数に達した時点で受付終了となる。

Ninja H2 Carbon(2017)

ブライト参考小売価格:3,348,000円(本体価格3,100,000円、消費税248,000円)
161014_53

161014_54
161014_55

主な特徴

■カーボンファイバーアッパーカウル
軽量で高い強度を誇るカーボンファイバー製のアッパーカウルを標準装備。Ninja H2Rのようなカーボンファイバー製のカウルが限定モデルとしての特別感を演出する。

■スペシャルペイント
Ninja H2Rと同じ銀鏡マットペイントを採用し、上質なイメージを醸し出す。

■シリアルナンバープレート
スーパーチャージャーにシリアルナンバープレートを装備。限定車としての特別感を演出する。2017年モデルでは車体色にミラーコートマットスパークブラックをラインナップ。

■アクセサリー
・スタンダードよりも20mmハンドル位置が高くなる”エルゴフィット”レイズハンドルバーキットが登場。前傾姿勢を軽減し、アップライトで快適なライディングポジションに変更可能。
・標準装備のものよりも重いハンドルバーウエイト。高速走行時に振動を軽減。
・Ninja H2 Carbonが標準装備するカーボンファイバーアッパーカウル。
・転倒時のダメージを軽減するフレームスライダー。

→全文を読む

情報提供元 [ BRIGHT ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る