全日本モトクロス選手権 チームスズキワークスライダー熱田孝高選手が、現役引退を発表

161014_30

スズキは、全日本モトクロス選手権 IA1クラスに参戦してきたチームスズキワークスライダー熱田孝高選手が、今シーズン限りで現役を引退することを公式発表した。

以下公式サイトより

チームスズキワークスライダー熱田孝高選手の現役引退について

Team SUZUKI(チームスズキ)より全日本モトクロス選手権シリーズIA1クラスに参戦してきた当社ワークスライダー熱田孝高(あつた よしたか)選手が、今シーズン限りで現役を引退することとなりました。

熱田選手は1994年に国際A級に昇格。2001年に国際A級250ccクラス(現在のIA1クラス)でチャンピオンを獲得した後、2002年から2005年の4シーズンに渡って世界選手権MX1クラス(現在のMXGPクラス)に参戦。※2005年はMOTO VISION SUZUKIに所属

全日本選手権に復帰した2006年と2010年(Team SUZUKI)にもIA1クラスのシリーズタイトルを獲得し、通算3回全日本モトクロス最高峰クラスでのチャンピオンに輝きました。

2009年シーズンより8年間に渡ってTeam SUZUKIに所属し、常に第一線での活躍を続け、RM-Zの性能を証明してくれたことにスズキは感謝しております。

今シーズン第8戦までを終えた時点で、熱田選手は全日本選手権で通算48勝をマーク。また2001年からの世界選手権参戦では、2003年と2004年にランキング10位の成績(最高順位は2004年南アフリカGPとスウェーデンGPの5位)を残したほか、国別対抗戦モトクロス・オブ・ネイションズの2000年フランス大会、2003年のベルギー大会では、日本代表メンバーとして日本の過去最高成績である6位入賞に貢献しています。

通算48勝と3度の全日本タイトル獲得はもちろんですが、常にトップ争いにからむ勝負強さと後半の粘り強さが持ち味の選手で、熱田選手の長年の功績とスズキはもちろんモータースポーツ界への貢献を讃えます。

161014_31161014_32
161014_33161014_34
161014_35161014_36

熱田選手は来る10月22~23日に、熱田選手の地元である宮城県のスポーツランドSUGOで行われる全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦MFJ-GP大会出場を最後に現役生活にピリオドを打ちます。

常に全力で戦ってきた熱田選手への応援をよろしくお願いします。

熱田孝高選手コメント

今まで常に勝つことだけを目標に取り組んできたので、正直、本当にレースを辞めるのかなという気持ちなんです。

最後のレースとなるSUGO(MFJ-GP)は自分の地元であり、たくさんの思い出があるコース。チームやファンの皆様、家族に対して、ありがとうの感謝の気持ちを込めて、悔いを残さないよう自分の全てを出し切るつもりで走ります。

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る