BMW、コンセプトモデル「VISION NEXT 100」を発表 100周年を記念し、未来のバイクをデザイン

1476191187736

創業100周年を迎えたBMWは、同グループの次の100年を見据えた「Iconic Impulses」で今年に入ってから様々なコンセプトモデルを発表してきた。

その締めくくりとして、米国ロサンゼルスの「Iconic Impulses. The BMW Group Future Experience」で、バイクの未来を示すコンセプトモデル「VISION NEXT 100」を公開した。

1476191188273

バイク自体にライダーをサポートする「自動バランス」機能があり、ヘルメットも厚いバイクウェアもいらない。適切な情報をライダーに提供する「Visor」と呼ばれるサングラスを装備し、事前の危険回避情報や周囲の情報を得ることができる、としている。

100年先の未来を

1476191186679

開発者であるエドガー・ハインリッヒ氏は、このコンセプトモデルを、ありふれた日常からの「大脱走(THE GREAT ESCAPE)」と表現している。

「通常、バイクを開発する場合、5~10年先の社会を考えて設計されるが、より先の未来のを考えることは非常に魅力的だった。」
と語っている。

“デジタル時代に、アナログ体験”が体験が可能な「バイク」

「20年後にはほとんどの自動車がオートドライブとなり、デジタルサービスによってより多くのものが自動化されることと想定し、あらゆるものが繋がった世界で、「自由な感覚を人間に与えられる重要性」を考え、“デジタル時代に、アナログ体験”が体験が可能なものとして設計した。」
として、いろいろなものが自動化される中で、バイクもその自動化の流れに溶け込みつつも、「自分が操る」という感覚を大切にしたものとして、デザインがされていることを語っている。

ヘルメットがないことは、風の影響や、本当の安全面からは難しいとも考えられるが、すべての危険が高度に管理された未来を想定して、コンセプトが行われているため「管理された日常」からの「大脱走」としてウェアレスな乗りのもとしているはずだ。

「VISION NEXT 100」デザイン

1476191185975
1476191188764

1923年のR32をイメージしたフレームに、ボクサースタイルのエンジンカバー。

かつてのBMWを彷彿とさせつつも近未来的な外観で、“デジタル時代のアナログ体験”というコンセプトにふさわしいものとなっている。

転倒することのない自動バランシング機能を搭載

1476191113387

走行・一時停止にも、この機能によって自立が可能となっている。オートバイ初心者は、この機能により簡単にバイクを操作することができ、また、上級者であっても、より軽くなったハンドルとこの支援機能により、いままで以上にダイナミックな操作が可能となる。

適切な情報をライダーに提供するサングラス

1476191188081

「VISION NEXT 100」は周囲の情報を常に収集し、バックグラウンドシステムにおいて情報を処理、「Visor」と呼ばれるサングラスからライダーに情報を伝達する。

これによりライダーは、適切な危険回避を行うことができ、より快適な運転を維持することができる。

「VISION NEXT 100」は、米国ロサンゼルスの「Iconic Impulses」で10月16日まで展示される予定。

The BMW Motorrad VISION NEXT 100

1476191185975

1476191186885147619118680914761911877831476191187519
1476191105595147619118818514761911882371476191189250
1476191189515147619118957214761911890251476191187711

→全文を読む(英語)

情報提供元 [ BMW Motorrad ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る