【ケニー佐川 コラム】MotoGP日本ラウンドが今週末に開幕 世界最高峰の走りを存分に楽しもう!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

2016motogp_4Star

ロードレース世界選手権「MotoGP」第14戦日本グランプリが、いよいよ今週末にツインリンクもてぎで開催されます。世界最高峰の2輪レースに相応しいエキサイティングな感動を、今年もきっと私たちにプレゼントしてくれるはずです。

そこで今回はMotoGPの楽しみ方について、ちょっとお話しできればと。

チャンピオンシップもいよいよ白熱

今シーズも終盤へと差し掛かり、チャンピオンシップもいよいよ白熱。振り返れば、過去にももてぎで年間王者が決定する場合も多く、また世界の4大バイクメーカーのお膝元ということもあり、各メーカーとライダーにとっても特別な一戦になるのが日本GPです。

ホンダのマルク・マルケスとダニ・ペドロサ、ヤマハのヴァレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソといった、2大ワークスの4強ライダーによるチャンピオンシップ争いはもちろん最大の関心事ですが、そこにドゥカティの他、セミワークスやプライベーターがどう絡んでくるかも見ものです。

スズキ・GSX-RRのポテンシャルにも注目

MAVERICK-VINALES02

個人的にはとりわけ、第12戦イギリスGPでスズキに9年ぶりの勝利をもたらしたマーベリック・ビニャーレスの走りにも期待したいところ。彼のフレキシブルな走りには天才の煌めきを感じますね。

復帰から2年目にして一線級で競り合えるまでに戦闘力を高めてきたスズキ・GSX-RRのポテンシャルにも注目です。

MAVERICK-VINALES01▲来季ヤマハファクトリー入りする、スズキのマーベリック・ビニャーレス

タイヤのマッチングも走りに大きく影響

2016motogp_rd14_yamaha-024

2016年はレギュレーションにも大きな変化がありました。2009年からMotoGP用タイヤを供給してきたブリヂストンに代わり、今季からミシュランが公式サプライヤーとなっています。

現在のMotoGPはすべてのクラスで一社提供体制となっていて、新たなミシュランとのマッチングも走りに大きく影響するようです。ちなみにMoto2とMoto3はダンロップです。

今年のMotoGPクラスはすでに8人のウィナーを数えるなど、例年以上に各ライダーやチームの力量が拮抗した見応えのあるレース展開になっています。こうした背景には、今年のレギュレーション(レース規定)も少なからず影響を及ぼしているようです。

今年からはECUソフトウエアも共通化

MAVERICK-VINALES03

そして、もうひとつの共通化がECU(エンジン・コントロール・ユニット)。簡単に言えば車載のコンピュータで、現代のマシンは量産市販車も含めてECUの性能がドライバビリティ(乗りやすさ)の決め手になります。

以前はメーカー独自のECUが認められていましたが、2014年からハードウエアが共通化され、今年からはソフトウエアも共通化されました。これらのレギュレーション変更はタイヤや電子デバイスを基本的にイコールコンディションとすることで、マシン性能差(資金力)による圧倒的な横綱試合を排除しようというのが目的です。

これにより、観客としてはトップライダーが繰り広げる接近戦がより楽しめるわけです。ライダーの技量や駆け引きの巧みさが勝負を分ける、これぞ本来のモータースポーツの醍醐味ですね。

華麗なライディングテクニック

2016motogp_rd14_yamaha-061

そして、一番の見せ場といったらやはり、トップライダーたちが見せてくれる華麗なライディングテクニックでしょう。世界屈指のブレーキングコースとして知られる、ツインリンクもてぎでならではの、ブレーキングでの進入スライドを駆使した突っ込み合戦。

そして、フルバンクから立ち上がりにかけてのパワースライドなど、電子制御とスリックタイヤの限界を超えた領域での超人的なマシンコントロールにはいつも驚愕させられます。研ぎ澄まされた人間の能力というのは素晴らしいものですね。

320km/hのブレーキングから、タイヤをスライドさせて縁石へ!?

twin_link

そんなMotoGPライダーの凄さを伝えるエピソードとして、元MotoGPライダーとして活躍された中野真矢さんの談話をご紹介させていただければと。以前、中野さんにもてぎの攻略法を聞いた方の話ですが、

「予選ではタイムを狙って常に120%で走っているものです。たとえば、コースの縁石ぎりぎりは水切りのために少し勾配がついているのですが、コーナー立ち上がりではそこにリヤタイヤを入れて、スライドさせて縁石に乗るんですよ。

もてぎの縁石はミューが高くなる塗装がされているので、スライドで車体の向きが変わったところで縁石に乗せて加速していく。これをすべてのコーナーでうまくできると、いいタイム出るんですよね~(笑)」

twin_link03

・・・これを240馬力&トップスピード320km/hオーバーでやるのですから、なんとも想像を絶する世界ですね。

最先端技術の粋を集めたレース専用マシンを操る世界最高峰のテクニックを持ったトップライダーたちが、抜きつ抜かれつの迫力のバトルを展開するロードレース世界選手権MotoGP。今週末のもてぎでも、きっと我々ファンを熱狂させてくれることでしょう!

2016motogp_rd13_yamaha-0452016motogp_rd9_honda-004

>>ツインリンクもてぎ日本グランプリホームページ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る