【新車】ヤマハ、“Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900」に新色「ブラックメタリックX」を追加し、12/15より発売

20131013_yamahaxsr900b_01

ヤマハ発動機株式会社は、845㎤の水冷・直列3気筒エンジンを搭載し、レトロな外観とパフォーマンスを調和させた“Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900」に新色「ブラックメタリックX」を追加し、2016年12月15日より発売することを発表した。

新色は、手作業によるバフ掛け処理を施したアルミ製タンクカバーをブラックで塗装し、マスキングで残ったヘアライン部をグラフィックのように見せるカラーリングで、全体に締りのある統一感を持たせている。

タイムレスで色褪せない価値とともに、多様なライフスタイルに溶け込むカラーリングとした。
価格は965,000円(税別)

20131013_yamahaxsr900b_02

20131013_yamahaxsr900b_03

20131013_yamahaxsr900b_04

【関連ニュース】
◆2016年度グッドデザイン賞に4点が選出 「XSR900」がグッドデザイン・ベスト100受賞
◆ネオレトロ「XSR900」が発進!懐かしい外観と最新テクノロジーの融合が新しい
◆ヤマハ、”Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900」を発売 レトロな外観とパフォーマンスを調和

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る