【新車】ヤマハ、「MT-09」をマイナーチェンジし2017年モデルとして発表

160929_MT-09_visual_tcm269-668844

「INTORMOT 2016」に出展する2017年欧州向け新製品
MTシリーズの人気機種「MT-09」をマイナーチェンジし欧州で発売

ヤマハ発動機は、ネイキッドとスーパーモタードの“異種混合”スタイルと優れた走行性で人気の「MT-09」をマイナーチェンジし、2016年12月下旬から欧州で発売することを発表した。

販売価格は、8,799 ユーロ。日本円に換算すると約102万円前後となる。

また、10月5日(4日はプレスデー)からドイツ・ケルンで開催の「INTERMOT2016 国際オートバイ・スクーター専門見本市」に展示されている。

以下プレスリリースより

MTシリーズの人気機種「MT-09」初のマイナーチェンジ

2017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_STU_001_03

「MT-09」は2013年から発売、欧州を中心に世界各国で販売されています。本モデルに「MT-10」「MT-07」「MT-03」「MT-25」「MT-125」を加えたMTシリーズは、≪Torque×Agile≫の“官能的なライディングを実現する新ロードスター”のコンセプトを具現化し、幅広いお客様から人気を得ています。

今回の「MT-09」は、現行モデルのさらなる熟成をベクトルに、“Multiperformance Neo roadster”をコンセプトに開発しました。

1)LED・4灯のコンパクトなヘッドライトと大型エアスクープによるフロントマスク
2)アルミ鍛造ステーの片持ち可動リアフェンダー
3)シフトダウン時に穏やかな車体挙動をもたらすA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ
4)滑らかなシフトアップを支援するQSS(クイック・シフト・システム)

当社は、二輪車事業での取り組みとして“基本プラットフォームをベースにしたバリエーション展開の拡大”を掲げています。「MT-09」に搭載する3気筒エンジンやアルミ製フレームは、先進国向け製品の核となるコンポーネントで、これらは2015年発売の「MT-09 TRACER」や2016年発売の「XSR900」などへも展開されています。

2017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_STA_002

2017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_0012017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_0052017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_0072017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_004
2017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_0032017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_0082017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_0062017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_DET_002

「MT-09」(2017年欧州仕様)

■発売日
2016年12月下旬

■参考小売価格
8,799 ユーロ
(欧州参考小売価格※)

■販売計画
7,000 台
(発売から1年間/EU 圏内)

■カラー
Night Fluo
Race BluI
Tech Black

「MT-09」(2017年欧州仕様) Night Fluo

2017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_STU_001_03

2017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_STU_002_0302_MT09A_BNS4_22017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_STU_001_0304_MT09A_BNS4_42017_YAM_MT09_EU_BNS4DSJ_STU_005_03

「MT-09」(2017年欧州仕様) Race BluI

2017_YAM_MT09_EU_DPBMC_STU_001_03

2017_YAM_MT09_EU_DPBMC_STU_002_0310_MT09A_DPBMC_22017_YAM_MT09_EU_DPBMC_STU_001_0312_MT09A_DPBMC_42017_YAM_MT09_EU_DPBMC_STU_005_03

「MT-09」(2017年欧州仕様) Tech Black

2017_YAM_MT09_EU_MDNM6_STU_001_03

2017_YAM_MT09_EU_MDNM6_STU_002_0306_MT09A_MDNM6_22017_YAM_MT09_EU_MDNM6_STU_001_0308_MT09A_MDNM6_42017_YAM_MT09_EU_MDNM6_STU_005_03

「MT-09」(2017年欧州仕様) 主要諸元

全長/全幅/全高

2,075mm/815mm/1,135mm

軸間距離

1,440mm

最低地上高

135mm

車両重量

188kg〈191kg〉

原動機種類

水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ

総排気量

847cm3

内径×行程

78.0mm×59.1mm

圧縮比

11.5 : 1

最高出力

84.6kW(115PS)/10,000rpm

最大トルク

87.5N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min

始動方式

セルフ式

潤滑方式

ウェットサンプ

エンジンオイル容量

3.40L

燃料タンク容量

14L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)

点火方式

TCI(トランジスタ式)

クラッチ形式

湿式, 多板

フレーム形式

ダイヤモンド

キャスター/トレール

25°00′/103mm

タイヤサイズ(前/後)

120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)

180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)

制動装置形式(前/後)

油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ

懸架方式(前/後)

テレスコピック/スイングアーム(リンク式)

 

【関連ニュース】
◆[インターモト2016] Yamahaブース 速報ギャラリー

 

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ページ上部へ戻る