ホンダ、新型「CBR1000RR Fireblade SP/SP2」、「CB1100 EX/RS」をインターモトで発表

Nicky Hayden testing the 17 YM CBR1000RR FIREBLADE SP

ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:井上 勝史)は、10月4日からドイツのケルン市で開催されている「インターモト – 国際オートバイ・スクーター専門見本市 2016(International Motorcycle, Scooter and Bicycle Fair)」にて、現地時間2016年10月4日に以下を発表した。

【関連ニュース】
◆【ケニー佐川 コラム】最新型「CBR1000RR」が正式発表!電制フル装備で上級バージョンも設定

以下プレスリリースより

「CBR1000RR Fireblade SP/SP2」、「CB1100EX/RS」の全4モデルを発表

「インターモト – 国際オートバイ・スクーター専門見本市 2016」にて、車体の大幅な軽量化を図りながら、ライダーの操る楽しみの実現をサポートする新たな電子制御システムを採用した「CBR1000RR Fireblade SP」と「CBR1000RR Fireblade SP2」、伝統的な車体構成を継承しながら“所有する喜び”をさらに深めた「CB1100EX」、走りの楽しみを提供する「CB1100RS」の全4モデルを発表しました。

<CBR1000RR Fireblade SP/SP2の主な特徴>

17YM CBR1000RR Fireblade SP

新型CBR1000RR Fireblade SP/SP2は1992年発売の初代CBR900RRから続く「操る楽しみ」のコンセプトを継承しながら、さらに大幅な軽量化と出力向上を図り、軽快なハンドリングと操縦性を進化させました。またRC213V-Sのシステムをベースに開発した総合的な電子制御システムを新たに採用。ライダーをさまざまなライディングシーンでサポートします。

17YM CBR1000RR Fireblade SP17YM CBR1000RR Fireblade SP and SP217YM CBR1000RR Fireblade SP and SP2

モードセレクトにより、ライダーの好みや走行状況に合わせて、出力特性を変更できる「パワーセレクター」や「セレクタブルエンジンブレーキ」、「Honda セレクタブル トルク コントロール」のほか、サスペンションを制御する「ÖHLINS Smart EC」※を一括して設定変更可能としています。

また、バンク角を検知して優れたコントロール性に寄与する新ABSシステムを搭載。車体の軽量化・最適な車両バランスと相まって、操る楽しみの最大化を意味する、革新の「トータルコントロール」を実現しています。

79217_17YM_CBR1000RR_Fireblade_SP

さらにCBR1000RR Fireblade SP2はSPをベースとしてサーキット走行やレースでの使用を想定し、吸排気バルブ、燃焼室およびピストンを新設計した新型のシリンダーヘッドを搭載。車体ではマルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを採用し、さらなるスポーツ性能の向上を図りました。

また、CBR1000RR Fireblade SP2のサーキット走行により適した性能を引き出す「レーシング・キット」の販売も予定しています。

※ÖHLINS Smart EC(Electronic Control)はスウェーデン オーリンズ社の登録商標です。

▼CBR1000RR Fireblade SP
CBR1000RR Fireblade SP

▼CBR1000RR Fireblade SP2
CBR1000RR Fireblade SP2

 

<CB1100EX/RSの主な特徴>

CB1100EX/RSは、タンク底板を縁取るシーム溶接のフランジを排除し、手作り品のような立体感を実現した「フランジレスフューエルタンク」を採用。往年のCBからの血統を感じさせる、彫りの深い曲面基調のフォルムを実現しました。また、サイドカバー、シート、リアフェンダー、ステップホルダーなど、細部の仕上げまでこだわり抜いた装備を採用し、構成部品一つ一つの形状、仕上げのみならず全体のバランスや質感の調和に注力したことで、さらなる“所有する喜び”を追求。CBの伝統を継承しながら、進化を遂げました。

17YM CB1100 EX

CB1100EXは、トラディショナルなフォルムを守りながら、ヘッドライト・テールランプにはLEDを採用。前後18インチスポークホイールは、新設計の小径ハブ、アルミリム、ステンレス製40本スポークの採用により、CBブランドの伝統的な印象を高めるデザインとしています。

17YM CB1100 RS

CB1100RSは、よりスポーティーなキャラクターとするために、前後ホイールにアルミキャスト製17インチホイールと幅広タイヤを装着。足まわりは、2ピースボトムケースフロントフォーク、ラジアルマウントブレーキキャリパー、リザーバータンク付きリアダンパー、新設計アルミスイングアームなどを装備し、軽快な走りを実現。空冷・DOHC・直列4気筒1100ccエンジンのポテンシャルを引き出したくなるような、走りの楽しみを提供する足まわりと組み合わせで、CB1100の世界を広げるモデルとしています。

▼CB1100EX
CB1100EX

▼CB1100RS
CB1100RS

なお、これらの4モデルは日本国内での発売も計画しています。

 また10月4日のインターモトプレスデーより、「Honda Moto 2017」を正式公開。「Total Control」を極めたCBR1000RRシリーズ 、いつの時代も特別な1台であり続けることを目指した「Always the One Honda CB」がコンセプトのCB1100シリーズ、今夏、米国で発表され、戦闘力を大幅に向上した「Absolute Holeshot」のCRF450Rのイメージ映像を公開します。これらの映像で、魅力あるバイク像や憧れる風景などを織り交ぜて表現することにより、バイクがもたらす“楽しさ”や“喜び”をお客様に感じていただきます。

「Honda Moto 2017」は、下記URLからご覧ください。
>>Honda Moto 2017

 

【関連ニュース】
◆【ケニー佐川 コラム】最新型「CBR1000RR」が正式発表!電制フル装備で上級バージョンも設定
◆ホンダ、2017年発売予定となる新型車両のティザーサイト「Honda Moto 2017」をオープン

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

20161007_intermot_680_182

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る