【ケニー佐川 コラム】最新型「CBR1000RR」が正式発表!電制フル装備で上級バージョンも設定

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20161004-im_cbr1000rr02

先日のトピックスでも予告したとおり、ホンダから新型CBR1000RRが正式発表された。
これはHondaの英国現地法人、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドがドイツ・ケルン市で開催されている「インターモト」にて現地時間の10月4日に発表した最新情報である。

【関連ニュース】
◆新型「CBR1000RR Fireblade SP/SP2」、「CB1100 EX/RS」をインターモトで発表

初代から続く「操る楽しみ」を継承しつつ、革新の「トータルコントロール」

今回発表されたのは「CBR1000RR Fireblade SP」と「CBR1000RR Fireblade SP2」の2タイプ。コンセプトとしては、1992年発売の初代CBR900RRから続く「操る楽しみ」を継承しつつも、大幅な軽量化と出力向上、軽快なハンドリングと操縦性を進化。
「RC213V-S」をベースに開発した総合的な電子制御システムを新たに採用し、さまざまなライディングシーンで操る楽しみの実現をサポートする、としている。

20161004-im_cbr1000rr01▲CBR1000RR Fireblade SP

20161004-im_cbr1000rr02▲CBR1000RR Fireblade SP2

リリースによると、『モードセレクトにより、ライダーの好みや走行状況に合わせて、出力特性を変更できる「パワーセレクター」や「セレクタブルエンジンブレーキ」、「Honda セレクタブル トルク コントロール」のほか、サスペンションを制御する「ÖHLINS Smart EC」を一括して設定変更可能としている。
また、バンク角を検知して優れたコントロール性に寄与する新ABSシステムを搭載。車体の軽量化・最適な車両バランスと相まって、操る楽しみの最大化を意味する、革新の「トータルコントロール」を実現しています』となっている。

スーパースポーツモデルの主流になりつつある、最先端のライディングサポートシステム

つまり、シチュエーションに合わせて選べるいくつかの走行モードがあり、これにより出力特性やエンジンブレーキの効き具合、トラクションコントロールの介入度、コーナリングABSの特性、オーリンズ製電子制御サスペンションのセッティングまでも自動的に調整するというものだ。

20161004-im_cbr1000rr05

走行モードの選択によって、エンジン特性から車体の姿勢変化までをトータルで制御する仕組みは、現行のBMW・S1000RRやドゥカティ・1299パニガーレなどにも採用されている最先端のライディングサポートシステムでもあり、現在のスーパースポーツモデルの主流になりつつあるテクノロジーだ。
それをホンダがしかも後発で投入するわけだから、そのパフォーマンスは如何ほどのものか期待が高まる。

サーキット仕様モデル「CBR1000RR Fireblade SP2」

また今回、さらにサーキット仕様モデルとして「CBR1000RR Fireblade SP2」も発表された。これはSPをベースにサーキット走行やレースでの使用を想定して、吸排気バルブ、燃焼室およびピストンを新設計した新型のシリンダーヘッドを搭載していることに加え、マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを採用しバネ下の軽量化を図るなど、さらなるスポーツ性能の向上が図られているのが特徴だ。

20161004-im_cbr1000rr03

また、さらにサーキット性能に磨きをかける「レーシング・キット」の販売も予定しているという。
これらの情報から推測するに、SP2のエンジンはSP1とは別物に近く、さらなるパワーアップが可能とみた。しかも写真を見ると分かるが、SP2の基本パッケージは保安部品も付いた公道バージョンである。となると、実質的にはSP1の上級グレードと位置付けていいだろう。その分、価格も相応になりそうだ。

世界最強のスーパースポーツの座に

見た目は初代から連綿と続くファイアーブレードのDNAを色濃く受け継ぎつつも、中身は最先端を行く電子デバイスフル装備によって大幅にアップグレードした新型CBR。
歴代モデルが磨いてきた「トータルコントロール性能」を武器に、ターゲットは世界最強のスーパースポーツの座であることは間違いない。
なお、新型CBRの国内発売も計画中とのことなので大いに期待したい。

20161004-IMG_6104

【関連ニュース】
◆新型「CBR1000RR Fireblade SP/SP2」、「CB1100 EX/RS」をインターモトで発表

20161007_intermot_680_182

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 陸上自衛隊採用モデルを緻密に模型化! 玩具商品等の企画、製造および販売を行うトミーテックは…
  2. 2017_dakar07
    ▲Photo by Marcin Kin 2017年となって世界で一番早く行われるビッグレース…
  3. 20170111_powerrs01
    2017年の春に発売が予定されている、ミシュランの新ハイグリップタイヤ「パワーRS」。パイロットパワ…
  4. 20161228al05
    夜間の活動の安全性を高めるために開発された製品「ALBEDO 100」 スウェーデンで…
ページ上部へ戻る