[Kawasaki]ARRC Rd.5 カワサキ、両レースで3位登壇(レース1:Yudhistira、レース2:Kamaruzaman)

161004_35

■ 2016年 アジアロードレース選手権 第5戦 インド大会
■ スーパースポーツ 600cc / アジア・プロダクション 250
■ 開催日:2016年10月2日(日)
■ サーキット名:ブッダ・インターナショナル・サーキット(5.141 km)

アジアロードレース選手権第5戦(9月30日~10月2日)は、選手権初開催となるインド・ニューデリー郊外にあるブッダ・インターナショナル・サーキット(BIC)で行われた。

BICはかつてF1が開催されたことがあるだけに、スタンドやピット等の施設は充実し、規模が大きく、アジア屈指のサーキットと言っても過言ではないだろう。

コース長は5.141km。1.2kmのバックストレートと13のコーナーを有する。平野部に建設されてはいるが、意図的であろうかアップダウンが設けられていて、ブラインドコーナーも多く、攻略は一筋縄にはいかないことが予想された。

レースレポート

インド人を除くライダーは初めてのサーキットになるため、木曜日に許可されたコース視察の時間帯は、気温が35℃を超える中、全ライダーが徒歩でコース確認を行った。

9月30日に行われた3回のフリー走行では、Manual-Tech KYT KawasakiのYudhistira、Fadly、そして今大会から復帰したBike ART KawasakiのKamaruzamanは、前回のレースでのサスペンションセッティングのまま走行を開始、コースへの慣熟、ファイナルギアの選定からスタートし、サスペンションの微調整を行った。

予選が行われたのは10月1日の9時40分からであったが、気温はすでに30℃を超えていた。

予選では、フリーから好調のWest(Yamaha)、Kraisart(Yamaha)が好タイムをマークし、リードする。他のライダーもマシンチェック、コースコンディションの確認を終えるとフレッシュタイヤに交換し、タイムアタックを開始する。

各ライダーがコントロールラインを通過する度に順位がめまぐるしく入れ替わるが、ポールポジションを獲得したのは1’55.528をマークしたWest。2番手に1’55.949でKraisart、3番手にZaidi(Honda)、Kamaruzamanは1’56.265で4番手、Yudhistiraは1.56.533で6番グリッドからのスタートとなった。

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki Global Racing Information ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  2. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
  4. 全日本ロードレース選手権最終戦第49回MFJグランプリ スーパーバイクレースin鈴鹿が、鈴鹿…
ページ上部へ戻る