[Kawasaki]JMX Rd.8 新井宏彰がパーフェクトウィン!田中教世は総合5位

161004_13

■ 2016年 全日本モトクロス選手権 第8戦 関東大会
■ IA1
■ 開催日:2016年10月2日(日)
■ 会場名:オフロードヴィレッジ

新井宏彰の第8戦(IA1/1位/1位)

やりました!久々のピンピン(1位/1位)です。去年の春(’15年第2戦川越)以来なのですが、前回は両ヒートともスタートが良くなくて追い上げる展開、今回は両ヒートともほぼホールショットという対照的なレースになりました。

やはり群馬出身の自分にとって、関東大会は特別なレースです。ファンのみなさんの声援、スポンサーのみなさんのお陰だと感謝しています。

ヒート1のスタートは、平田選手の方が前だったんですが、1コーナーでアウトにはらんだ隙に並んで、次のジャンプを大きく飛んでトップに立ちました。1コーナーの内側にも1~2台いたみたいだし、ホールショットとは言えませんね。

オフビレは抜きにくいコースですが、それでもアドバンテージを作りたくて、スタートから序盤は特に頑張りました。2~3周でかなり後ろが離れたんですが、5~6秒のリードで満足することなく攻めました。ただしフープスが荒れてきたので、振られて横向いたりしないように注意しながら慎重に攻めました。

平田選手が2位に上がってきたので、来るかなと意識したんですが、中盤以降はペース的にも優位に立てるようになり、これなら行けそうだと感じました。前半で逃げてマージンを取る作戦で、とりあえず1勝。ワダチができるとどんどん深く掘れるので、石が出てきたり縦のギャップも増えるため、かなり体力を消耗しました。フィジカルには自信がありますが、天気も良くて秋の川越にしては暑かったですね。

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki Global Racing Information ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る