[HONDA]バイクエンジンを使う、エコチャレ2016 「水曜クラブ」が2,578.504km/リッターの記録で最優秀賞を獲得

161003_24

Honda エコ マイレッジ チャレンジは、1リッターのガソリンでどれくらい走れるのか? がテーマの大会。
実際の競技では、規定周回数(距離)を決められた時間の中で走行し、燃料消費量から「燃費」を算出して、その燃費性能の高さを競うもの。

2011年には1リッターで3644.869km!?

エンジンは「カブ」で有名なHonda製の50cc4ストロークエンジンを使用するクラスが盛んで、現在の最高記録は、2011年の全国大会で記録された3644.869km/ℓ と驚きの燃費を記録。
全国のサーキットを使用して、各チームでは、マシンの設計や形状、走り方など、ありとあらゆる要素の効率化を追求し、燃費性能の極限を目指します。トップチームは空力性能と抵抗の少ない専用タイヤを使用し、独自の操作ノウハウを用いるのが特徴だ。

Honda製50cc4ストロークエンジンを使用したオリジナルマシンで競われる中学生~大学生、一般、2人乗りクラスに加え、150cc以下のHonda 製4ストロークエンジンを使用するニューチャレンジクラス、2014年より、従来の市販車クラスを廃止し、Honda製50cc4ストロークエンジンを搭載する市販二輪車で参加できる二輪車クラスを新設し、計7クラスのレースが開催されている。
(※2人乗りクラスは全国大会と九州大会のみ)

以下公式レポートより

■大会名 : 本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2016 第36回 全国大会
■開催場所 : ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡茂木町)
■主催 : 本田技研工業株式会社
■後援 : 公益社団法人 全国工業高等学校長協会、一般社団法人 全国高等専門学校連合会、日本私立中学高等学校連合会、茂木町、茂木町教育委員会、ホンダ自動車販売店協会
■天候 : 晴れ
■気温 : 23.6℃(午前8時時点)
■燃料密度 : 0.741(午前8時時点)

1Lのガソリンで何Km走るか!?燃費の限界にチャレンジ

“本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2016 第36回 全国大会”は、グループIVの一般クラスで出場した「水曜クラブ」が、全クラスで最高燃費となる2,578.504km/リッターで、「最優秀賞 本田宗一郎杯」を獲得しました。

161003_28▲水曜クラブ

決勝日は、夏に戻ったような強い日差しにより、正午には気温が27℃まで上がりました。ドライバー、ライダーにとっては大変厳しい環境での挑戦になりました。

この大会は、1リットルのガソリンで何Kmを走ることが出来るか、燃費の限界にチャレンジする競技会です。参加チーム各々が、創造力を駆使し挑戦する科学のモータースポーツとして、1981年に第1回大会が鈴鹿サーキットで開催されました。以来、全国各地の中学校や高等学校、高専、専門学校、大学や、社会人のチームが毎年多数参加しています。

161003_26▲千葉県立下総高等学校自動車部B
161003_27▲KIT 夢考房 stradale

わずか一滴のガソリンも無駄にしない体験を通じ、限りある資源の大切さを体感し、またさまざまな問題や課題を創意工夫とチャレンジ精神、チームワークで克服していく貴重な研さんの機会として広く社会に認知されています。

今大会には、合計で364チームがエントリー。海外からは、タイ、中国、ベトナムの3カ国から7チームがニューチャレンジクラスに参加しました。

競技は、ツインリンクもてぎのスーパースピードウェイのオーバルコースを、規定時間内に平均時速25km以上で7周(16,389.68m)を、2人乗りクラスと二輪車クラスは3周(6,872.72m)を走行後、ガソリンの消費量を計測し燃費を算出します。参加車両の搭載エンジンは、スーパーカブなどに搭載されているHonda 4ストローク50ccがベースとなっています。(ニューチャレンジクラスのみHonda 4ストローク50cc以上150cc以下)

161003_25▲東京都市大付属中高自動車部中学A
161003_29▲中国同済大学志遠車隊

グループIIの高校生クラスは、全クラスで最も多い136台がエントリー。「千葉県立下総高等学校自動車部B」が、1,720.220km/リッターの記録で昨年に続き優勝。2位は、同じく「千葉県立下総高等学校自動車部A」で、記録は1,696.195km/リッターでした。

グループIIIの大学、短大、高専、専門学校生クラスは、石川県から参加の「KIT 夢考房 stradale」が、2,014.055km/リッターで優勝。2位は、愛知県から参加の「名城大学SPICA」が、1,831.788km/リッターで続きました。

161003_30▲栃木県立矢板高等学校 C
161003_31▲横浜テクノオート ようちゃん

グループIV の一般クラスは「水曜クラブ」が2,578.504km/リッターの記録で優勝するとともに、全クラス総合の最高記録を樹立したチームに与えられる“最優秀賞 本田宗一郎杯”を受賞しました。

2位は「Team With You」で、記録は2,509.246km/リッターでした。

ニューチャレンジクラスは中国から参加した「中国同済大学志遠車隊」が、1,785.993km/リッターの記録で昨年に続き優勝。

2人乗りクラスは、「栃木県立矢板高等学校 C」が、692.211km/リッターの記録で、昨年に続き優勝。

二輪車クラスは、「横浜テクノオート ようちゃん」が、360.343km/リッターの記録で優勝を獲得しました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る