[YAMAHA]JMX Rd.8 IA1 2大会ぶりに復帰した平田が第1ヒートで2位表彰台を獲得

161003_19

RACE DATA

■大会名称:2016全日本モトクロス選手権第8戦関東大会
■カテゴリ:IA1/IA2
■開催日:2016年10月2日(日)
■会場:埼玉県・ウエストポイント オフロードヴィレッジ
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

残すところあと2戦、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が2大会の出場停止を終え、この第8戦関東大会で復帰。エースの平田優は、第2ヒートこそスタートで遅れをとり6位だったものの、第1ヒートではブランクを感じさせない走りを披露して2位表彰台を獲得。国内最高峰のIA1に厚みを持たせるとともに、改めて「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の存在感を見せつけるレースを展開した。

一方、ヤマハ勢が好調のIA2では、「YAMALUBE RACING TEAM」の渡辺祐介がトラブルをはねのけ、第2戦、悔しい思いをしたこの関東大会でリベンジとなる3/2位を獲得。

ここまでランキング2位、トップに11ポイント差まで迫りチャンピオン争いを繰り広げる岡野聖(フライングドルフィン サンセイ)は、5/7位とふるわず一歩後退。レディースでは安原さや(名阪レーシング)が5位入賞を果たした。

IA1:2大会ぶりに復帰した平田が第1ヒートで2位表彰台を獲得

ついに全日本に戻ってきた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と平田優。その復帰レースは、やはりヤマハのエースがその実力をいかんなく発揮した。スタートは鋭く。ストレートもエンジンが伸びていく。1コーナーこそアウトにはらんで順位を落としたが、1コーナへのアプローチはダントツだった。

161003_20

レースは、1周目、新井宏彰(カワサキ)、北居良樹(KTM)、スポット参戦のプラシット・ベン(ヤマハ)、そして田中教生(カワサキ)に続く5番手だったが、2周目には2番手に浮上し、トップの新井を追う。

しかし、新井のペースが速く徐々に2人の差は拡大。それでも、久々のレースの中、安定した走りで単独走行を継続し、復帰レースを新井に続く2位で終えた。3位は小島庸平(スズキ)だった。

161003_23

第2ヒートはしかし、2レースの欠場が響く結果となった。平田は好スタートを切り、第1コーナーのアウト側に入ったものの、その目の前にライバルが入り、アクセルを緩めざるを得ない状況となって一気に後方へ。1周目を9番手で終える。

すぐに8番手に上がったものの、同じYZの安原志(名阪レーシング)、熱田孝高(スズキ)、星野裕(カワサキ)の4人が一団となり、レースを展開。中盤に入り安原をパスして7番手に浮上するが、その後なかなかポジションを上げることができない。

161003_21

後半に入ると前を行く星野がトラブルで6番手に浮上すると、さらに熱田を捉え激しいバトルになるが、これを攻略しきれず、逆に後方から迫ってきた田中教生(カワサキ)にかわされ7番手に順位を落とす。

最後は、田中が後退したことで6位入賞を果たしたが、久々のレースで本来の速さを見せることができず、悔しい結果となった。上位は、新井が連勝、2位は成田、3位は小島が獲得した。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
  2. ユーザー:みなぎさん 車種名:SUZUKI GSX250S カタナ 期間:2017…
  3. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 ドゥカティの「持ち味」「個性」の共通認…
  4. 多重クラッシュの中、唯一後ろを振りかえらずにチェッカー FIMアジアロードレース選手権 (…
ページ上部へ戻る