[MFJ]JRR Rd.8 ST600 決勝レース 星野知也がクラス初優勝を飾る!

160926_28

第8戦岡山国際サーキット ST600決勝レース

決勝日最後のレースとなるST600クラスの決勝もスタート直前のサイティングラップで赤旗が提示されディレイ、緊急ミーティングが開かれて協議が行われた。その結果、周回数は16周に減算となりレースはスタートした。

ホールショットはポールポジションスタートの榎戸育寛が奪い、予選2番手の岩戸亮介、デチャ・クライサーと続く。トップランカーで予選3番手の前田恵助は遅れてしまう。岩戸もWヘアピンで転倒、再スタートするが大きく順位を落とした。

序盤は榎戸がトップを周回するが、予選16番手スタートの星野知也が怒濤の追い上げで、3周目には2位に浮上、トップの榎戸に迫ると4周目には抜き去ってトップに浮上した。

星野のペースはその後も落ちず、2位以下を引き離して行く。2番手の榎戸にはデチャが迫り、中盤にかけてバトルを展開、10周目にはデチャが2番手に浮上した。

16周のレースは、星野が優勝、2位には10秒ほどの差でデチャ、3位が榎戸となった。4位にはチャランポン・ポラマイ、追い上げてそれに迫った亀井雄大が5位に入った。

2016 SUPERBIKE ROUND 8 : OKAYAMA ST600 Race Winner Interview

→全文を読む

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る