[SUZUKI]MotoGP Rd.14 決勝 ビニャーレス、エスパルガロ、共に力強い走りでアラゴンGPを完走

160926_14

■2016年9月25日
■MotoGP 第14戦 アラゴンGP 決勝
■場所:モーターランド・アラゴン

70,000人の観客で沸いたアラゴンGPは、チームスズキエクスターのマーベリック・ビニャーレス、アレイシ・エスパルガロが共にアグレッシブなパフォーマンスを披露し、GSX−RRのさらなる進化をアピールした。

前後ハードタイヤを選択し、フロントロー、2番手グリッドからスタートしたビニャーレスは、1周目でトップに立ち、序盤の数周レースをリード。中盤のオーバーランにより順位を落とすも、最後まで安定したラップタイムで4位完走。表彰台まであと一歩の悔しい結果となった。

チームメイトのエスパルガロは、フロントにミディアム、リアにハードタイヤを選択。セカンドグループながらも、トップグループに近いタイムで23周のレースをコンスタントなラップタイムで走行。一時は5番手まで順位を上げるも、7位でレースを終えた。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.14 ビニャーレス、エスパルガロ、共に力強い走りでアラゴンGPを完走

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る