[SUZUKI]MotoGP Rd.14 決勝 ビニャーレス、エスパルガロ、共に力強い走りでアラゴンGPを完走

160926_14

■2016年9月25日
■MotoGP 第14戦 アラゴンGP 決勝
■場所:モーターランド・アラゴン

70,000人の観客で沸いたアラゴンGPは、チームスズキエクスターのマーベリック・ビニャーレス、アレイシ・エスパルガロが共にアグレッシブなパフォーマンスを披露し、GSX−RRのさらなる進化をアピールした。

前後ハードタイヤを選択し、フロントロー、2番手グリッドからスタートしたビニャーレスは、1周目でトップに立ち、序盤の数周レースをリード。中盤のオーバーランにより順位を落とすも、最後まで安定したラップタイムで4位完走。表彰台まであと一歩の悔しい結果となった。

チームメイトのエスパルガロは、フロントにミディアム、リアにハードタイヤを選択。セカンドグループながらも、トップグループに近いタイムで23周のレースをコンスタントなラップタイムで走行。一時は5番手まで順位を上げるも、7位でレースを終えた。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.14 ビニャーレス、エスパルガロ、共に力強い走りでアラゴンGPを完走

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ブームの兆しを見せているキャンプツーリングなど、『アウトドアとバイク』の相性のよさが再注目さ…
  2. タイでシェア3位に食い込む新興バイクメーカーのGPXが、東京モーターサイクルショーで初公開し…
  3. MVアグスタは、『MV AGUSTA MOTO GENERATIONS 2019キャンペーン…
  4. 毎年1月初旬にアメリカのラスベガスで開催される世界最大規模の家電見本市、コンシューマー・エレ…
ページ上部へ戻る