[SUZUKI]MotoGP Rd.14 決勝 ビニャーレス、エスパルガロ、共に力強い走りでアラゴンGPを完走

160926_14

■2016年9月25日
■MotoGP 第14戦 アラゴンGP 決勝
■場所:モーターランド・アラゴン

70,000人の観客で沸いたアラゴンGPは、チームスズキエクスターのマーベリック・ビニャーレス、アレイシ・エスパルガロが共にアグレッシブなパフォーマンスを披露し、GSX−RRのさらなる進化をアピールした。

前後ハードタイヤを選択し、フロントロー、2番手グリッドからスタートしたビニャーレスは、1周目でトップに立ち、序盤の数周レースをリード。中盤のオーバーランにより順位を落とすも、最後まで安定したラップタイムで4位完走。表彰台まであと一歩の悔しい結果となった。

チームメイトのエスパルガロは、フロントにミディアム、リアにハードタイヤを選択。セカンドグループながらも、トップグループに近いタイムで23周のレースをコンスタントなラップタイムで走行。一時は5番手まで順位を上げるも、7位でレースを終えた。

【フォトギャラリー】
【SUZUKI】MotoGP Rd.14 ビニャーレス、エスパルガロ、共に力強い走りでアラゴンGPを完走

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る