[YAMAHA]MotoGP Rd.14 フリー走行 Movistar Yamaha MotoGP、アラゴンで順調なスタート

160926_13

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第14戦アラゴンGP
■開催日:2016年9月23日(金)フリー走行総合結果
■開催地:スペイン/アラゴン
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度
■路面温度:38度

Movistar Yamaha MotoGP、アラゴンで順調なスタート

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソは、スペインのモーターランド・アラゴンで開催される第14戦スペインGPのフリープラクティスで総合4番手と7番手を獲得した。

V・ロッシは序盤からペースをつかみ、第2セッションで4番手を獲得。一方、チームメイトのJ・ロレンソは序盤マシン・セッティングに専念しながら、第2セッション終盤には徐々にペースが上げて総合7番手につけた。

ロッシは第1セッションから好調ぶりを発揮。2回目のアタックでは、コースの感覚を確かめながら暫定トップに立つ。そのあとは完璧なマシンバランスを求めてセッティング作業に取り組む。リズムをつかむと1分49秒016のベストタイムをマークし、トップに0.186秒差と迫る2番手でセッションを終了した。

第2セッションも同様の戦略で、序盤で暫定トップを記録した後にはマシン・セッティングに集中した。最後の3分間では再びペースを上げ、午前中のタイムをコンマ5秒近く更新する1分48秒669。トップから0.240秒差の総合4番手で初日を終了した。

一方のロレンソは3年連続優勝を狙うホーム・グランプリを順調にスタート。序盤はマシン・セッティングの向上に取り組みながらも、着実にペースを上げていった。

第1セッション終盤には1分49秒台に入り、最終的には1分49秒573の記録で5番手。トップとの差は0.743秒とんなった。第2セッションではマシンの振動が発生、タイヤ・オプションのテスト等のセッティング作業に時間を費やす苦しい展開。それでも持ち前のメンタルの強さを発揮し、終盤には49秒台の壁を突破し、1分48秒914のベスト・タイムで7番手を獲得した。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る