[HONDA]MotoGP Rd.14 フリー走行 ペドロサが今季初の首位発進。マルケス2番手、クラッチロー3番手

160926_06

■2016年9月23日(金)・フリー走行
■会場:モーターランド・アラゴン
■天候:曇り、ときどき晴れ
■気温:26℃
■コースコンディション:ドライ

MotoGP レポート

第14戦アラゴンGPのフリー走行は、ところどころ青空が顔をのぞかせるも、雲の多い一日となりました。この季節のアラゴンとしては、気温も路面温度も低い一日となりましたが、Honda勢が好調なスタートを切り、上位を独占しました。

前戦サンマリノGPで今季初優勝を達成したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、トップタイムで初日を終えました。ペドロサの首位発進は今季初です。1回目のセッションで11番手だったペドロサは、2回目のセッションで一気にタイムを短縮、トップに浮上しました。

この日は終日、タイヤテストに集中しました。最高気温は26℃でしたが、雲が多いために、路面温度は38度までしか上がりませんでした。今季はこうしたコンディションで苦戦していたペドロサですが、昇り調子をアピールする一日となりました。

ペドロサは、アラゴンでは2012年に優勝しています。2013年と2014年は表彰台を逃しましたが、昨年は2位でフィニッシュ。今年は2年連続表彰台と4年ぶりの大会制覇、そして今季2勝目に向けて好スタートを切りました。

総合首位のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、ペドロサとわずか0.065秒差の2番手で初日を終えました。1回目のセッションで首位発進となったマルケスは、2回目のセッションでも引き続きタイヤテストに集中。セッション後半にはハードタイヤで連続周回を行い、好タイムを刻みました。

マルケスもアラゴンのサーキットを得意としており、ペドロサとともに好調なスタートを切ったことで、チームメート同士の優勝争い、そして、Repsol Honda Teamの1-2フィニッシュが期待されます。

カル・クラッチロー(LCR Honda)は、3番手につけました。1回目のセッションでは10番手でしたが、2回目のセッションではタイムを短縮、3番手に浮上しました。クラッチローもシーズン中盤戦に入って調子を上げています。

前戦サンマリノGPは、これまで苦手とするサーキットの1つで8位に終わりましたが、今大会は、2戦ぶり今季4度目の表彰台と、今季2勝目に向けて絶好のスタートを切りました。

ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は18番手。1回目のセッションで転倒を喫し、2回目のセッションでも思うようにタイムを短縮できませんでしたが、フィーリングがいいだけに2日目のフリー走行、予選でのばん回が期待されます。

右手首のケガのために欠場したジャック・ミラーの代役として出場したニッキー・ヘイデン(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、今季初めて経験するRC213Vの慣熟走行に徹して21番手でした。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る