新型CBR1000RRの発表近し!? ホンダが2017モデルのティザーサイトを公開

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20160923_ht01

ホンダは今秋に発表を予定している2017年発売の大型二輪モデルの新しいグローバルコミュニケーションサイト「Honda Moto 2017」を開設した。
このサイトでは2017年モデルを中心として6つのモデルに着目。それぞれのモデルのキャラクターを象徴する主人公を通じて、その新型車両の持つ世界観を短編ドラマ仕立てで紹介する内容となっている。

海外モーターサイクルショーで順次公開される新型

ホンダではこれにより、「ニ輪車のあるライフスタイルを提案することで、お客様に製品のより具体的なイメージを持っていただくとともに、Honda二輪ブランドの向上を図る」としている。
同サイトではすでに2017年モデルの正式発表前ティザーサイトとして9月20日に一部を公開していて、ドイツで10月4日に開幕するインターモト(ケルンショー)のプレスデーを皮切りに、11月10日からのEICMA2016(ミラノショー)、続く11月18日からのIMS Long Beach(ロングビーチショー)で順次その全容を公開していく予定だ。

2160921_hondamgsite_01

【関連ニュース】
◆2017年発売予定となる新型車両のティザーサイト「Honda Moto 2017」をオープン

映像の主人公となる人物から想像されるモデルとは?

さて、ここまではホンダが発表済みの公式リリースを要約したものだが、ユーザーとしては実際にどんなニューモデルが出てくるのかが最大の関心事であるはずだ。同サイトを覗いてみれば分かるが、6モデルのうち3モデルはすでに正式発表になっている。
それは、先日発表されたばかりのアドベンチャーテイスト満載のコミューター「X-ADVと今春から国内でも絶好調のセールスを記録している新型「AFRICA TWIN」、そして8月にフルモデルチェンジしたモトクロス競技専用モデル「CRF450R」である。

ティザー動画では登場する主人公6名の後ろ姿もチラッと映るが、それぞれロードレーサー、オフロードライダー、旅人風、女性、スーツ姿、都会の若者など個性的で、彼らのいで立ちからも新型モデルのタイプが何となく予想できそうだ。

「Total Control」を掲げたCBR1000RR

今回、「X-ADV」に続いてティザー動画の第一弾がリリースされたのは「Total Control」をキーワードに掲げるモデルだ。この言葉は歴代のCBRシリーズに使われてきたコンセプトであり、それが示しているのはまさしくCBR1000RRの次期モデルである。
ちなみに「トータルコントロール」とは絶対パワーや最高速ではなく、トータルパッケージとしての速さ、ライダーが意のままに操る喜びを堪能できる性能を意味するものだ。

動画ではサーキットを全力走行するシーンがライダー目線で再現され、高鳴る心臓の鼓動とともにドロドロに溶けたハイグリップタイヤが映し出されている。
そして、エンディングに「Sharper than ever(かつてない鋭さ)」のキャッチ。より戦闘力をアップさせた新型CBRが登場することは間違いないだろう。

映像に写るコースは「ハーフウェット」。その意味するところは・・・。

独断で分析するに、パルスの整った甲高いエキゾーストノートからエンジンはCBR伝統の直4で、ハーフウエット路面の立ち上がりでの僅かな回転数の乱れからトラクションコントロールシステムを採用していることが推測される。
また、海外メディアなどの情報を総合すると、2017年型CBRは現行モデルを踏襲しつつも、鈴鹿8耐マシンにも搭載されていたライドバイワイヤなどの電子デバイスを導入するものと思われる。よりライダーをサポートする形でCBRのコンセプトである「Total Control」を表現してくるに違いない。

「Always The ONE」

そして、インターモトでの発表を予告しているもうひとつの注目モデルが掲げるキーワードは「Always The ONE」。これは直4ネイキッド、CBシリーズのコンセプトである。
となると、ホンダの二大フラッグシップが今回モデルチェンジしてお披露目という可能性もあり、ホンダファンならずとも興奮してしまうビッグニュースと言えるだろう。
今から10月4日のケルンショーでの発表が楽しみだ。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る