[ホンダ]EWC世界耐久選手権、F.C.C. TSR Hondaが5位。シングルフィニッシュでシーズンスタート。

20160920_fim_rd1_honda_01

■FIM世界耐久選手権(EWC)開幕戦 ボルドール24時間耐久レース
■決勝レース/2016年9月17日(土)・18日(日)
■会場/ポールリカール・サーキット(フランス)

4チームがHonda CBR1000RRを駆って参戦

2016-2017FIM世界耐久選手権(EWC)シリーズの開幕戦、ボルドール24時間耐久レースが、フランス南部・マルセイユ近郊のポールリカール・サーキットで開催された。

今シーズンからEWCのフォーマットは大きく変更。この9月の開幕戦を皮切りに、2017年の7月まで全6戦のシーズンが予定されており、その最終戦は日本・鈴鹿サーキットで行われる鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)となる。

今大会にHonda CBR1000RRを駆って参戦するのは、全55チーム中4チーム。
優勝争いの中心と目されるのは2チームで、欧州が拠点で2016シーズン総合4位の#111 Honda Endurance Racing(フリアン・ダ・コスタ/セバスティアン・ジンバート/フレディ・フォレイ/ステファン・マーサー)と、鈴鹿8耐で過去3度の優勝を誇り、昨年から新たな挑戦としてEWCへ参戦を開始した#5 F.C.C. TSR Honda(伊藤真一/ダミアン・カドリン/渡辺一馬/アルトゥーロ・ティゾン)。

さらにこのほか、プライベーターチームを対象に行われるインディペンデント・トロフィーを争う#41 RAC 41 CBO(シプリアン・シュミット/ピエール・イヴ・ビアン/ガエタン・グージェ)、同トロフィーに参加し改造範囲の狭いレギュレーションのSSTクラスで戦う#26 Zuff Racing Team(ケヴィン・ジュフュレ/ヴァンサン・バックリン/アドリアン・ピテット/バーナード・バリー)という顔ぶれがそろった。

9月15日(木)から始まったレースウイークでは、木曜日と金曜日の2日間でフリー走行と公式予選、土曜日から日曜日にかけて24時間の決勝レースというスケジュール。
予選方式も鈴鹿8耐とは異なり、各ライダーのセッションベストタイムの平均でグリッドが決定するルールが採用されている。フリー走行で入念な準備を行った上で2日間の予選に臨んだ各チームは、順調な仕上がりを見せ、#5 F.C.C. TSR Hondaが4番手、#111 Honda Endurance Racingが5番手と上位グリッドを獲得。
#41 RAC 41 CBOは26番手、#26 Zuff Racing Teamは35番手からのスタートとなった。

決勝レースレポート

9月17日(土)の15時、ライダーがマシンへ駆け寄ってエンジンを始動させるル・マン式スタートで、24時間という長い戦いの火ぶたが切って落とされた。

#111 Honda Endurance Racingのスタートライダーはフォレイ。好スタートをみせ、トップ集団の中でレースを進める。一方、#5 F.C.C. TSR Hondaの渡辺はマシンの始動で出遅れ、20番手付近までポジションを落としてしまいます。#41 RAC 41 CBO、#26 Zuff Racing Teamは大きな波乱もなく、ともにグリッド順位を守りながら順調なスタートを切った。

渡辺は遅れを取り戻すべく序盤から積極的に順位を上げ、9番手まで回復して次のカドリンへマシンを託す。そこから伊藤へとバトンが渡り、2人の走行で5番手までポジションアップ。
好調な走りをみせた#111 Honda Endurance Racingは、フォレイの次に走行を担当したダ・コスタが2番手までポジションを上げ、それを受け継いだジンバートも3番手をキープ。

スプリントレースと異なり、24時間レースでは、マシンの不具合発生やセーフティカーの導入など、さまざまなトラブルが起こる。
今回も4度のセーフティカーが入ったが、#5 F.C.C. TSR Hondaはそのタイミングを上手く利用し、ピットインして不調のあったパーツの交換を行いながら、6番手を維持して周回。2~3番手を走行していた#111 Honda Endurance Racingは、約7時間が経過したころにダ・コスタが転倒。
しかし、幸いにもライダー・マシンともに問題は少なく、すぐにピットへ戻り、修復作業に取り掛かった。これには約25分を要したが、19番手でレースへ復帰した。

レースが進み深夜の時間帯になっても、ゴールを見据えてさまざまな戦略を繰り広げる各チーム。#5 F.C.C. TSR Hondaはあえてピット作業に時間を割いてブレーキキャリパーの交換などを行い、確実に完走できる体制を整えるとともに、ライダーの担当時間も見直しながらレースを進める。
渡辺は自ら志願して2スティント連続で走行すると、他ライダーの負担を軽減するだけでなく、ラップタイムも速いペースを刻み、大きな貢献を見せた。
過去にロードレース世界選手権で活躍し、今大会で注目を集めていた伊藤も、49歳という年齢を感じさせない走りを披露し、チームは5番手をキープ。

#111 Honda Endurance Racingは転倒後にプッシュを続け、16時間経過時点で11番手までポジションを回復。トップ10入りをうかがえるところまでばん回した。しかし、残り約3時間30分というところで、ジンバートがマシンの不調を訴えてピットイン。
約30分後にマシンの修復を終えてコースへ戻ったが、再び1周でピットへ。問題はギアボックスにあり、解決が難しいと判断したチームは、ゴールまで3時間となったところでリタイアを決断した。

ゴール目前にしてトラブルが発生するチームも見られる中、#5 F.C.C. TSR Hondaは、チェッカーまで確実に走りきることを第一に、安定してペースを刻みながら順位をキープ。
24時間で674周を記録し、5位入賞を果たした。その他2チームも無事に完走。#41 RAC 41 CBOは16位、#26 Zuff Racing Teamは19位で、ともにポイント獲得となった。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る