【賀曽利隆 コラム】ウラジオストック→イスタンブール 1万5000キロ(1)

【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】

》賀曽利隆のバイク旅(10)「林道日本一周 78日間2万8208キロ」

目指せ、イスタンブール!

2016年7月23日、鳥取県の境港に日本全国から9台のバイクが集まった。1台は2人乗りのサイドカーなので、総勢10名。
旅行社「道祖神」主催のバイクツアー「賀曽利隆と走る!シリーズ第18弾」、「目指せ、イスタンブール!シベリア横断&シルクロード横断50日間」に参加する面々だ。
我々は境港からロシアのウラジオストックに渡り、シベリア横断ルート→カザフスタン縦断ルート→シルクロード横断ルートの1万5000キロを走ってトルコのイスタンブールを目指すのだ。

ひときわ目立つ「金ちゃん」

9台のバイクのほかに車が1台、道祖神の海野さんとメカニックの小島さんが乗るサポートカー、トヨタのハイエースが一緒に走ってくれる。
我が相棒はスズキのDR-Z400S。これまでに「ユーラシア大陸横断」、「サハラ砂漠縦断」、「南米アンデス縦断」などを走っている。
参加者のバイクの中でもひときわ目立つのは、「金ちゃん」こと伊藤金二さんのヤマハのスーパーテネレ1200。

リアにはアルミ製のボックスが2個、取りつけられている。そのうちのひとつにはユーラシア大陸の地図が描かれ、境港からイスタンブールまで赤線が引かれている。赤線はさらにユーラシア大陸最西端のロカ岬まで延びている。
金ちゃんは奥様の義子さんとの参加で、義子さんが乗るのはヤマハのセロー。伊藤夫妻はイスタンブールで我々と別れたあと、さらにポルトガルのロカ岬に向かい、「ユーラシア大陸横断」を目指すのだ。すごいぞ、伊藤夫妻!

20160920_kasori11_01▲イスタンブールからさらにユーラシア大陸最西端のロカ岬を目指す伊藤夫妻

ロイヤルエンフィールドに乗る三浦さんも、イスタンブールで我々と別れたあとはイギリスのロンドンを目指す。「東京→ロンドン」を走り切ったあと、三浦さんはさらにニューヨークに渡り、アメリカを横断して「世界一周」を夢みているようだ。

「イースタンドリーム号」でまずは韓国へ。これぞ船旅!

境港でのバイクの税関チェックを終えると、ターミナルビル近くの食事処「かいがん」で最後の日本食。「本マグロ丼」を食べた。
そしてイミグレーションでパスポートに「SAKAI」の出国印を押してもらい、パナマ船籍のフェリー「イースタンドリーム号」に乗り込んだ。バイクでの乗船は我々だけだった。

20160920_kasori11_02▲境港からウラジオストック行のフェリー「イースタンドリーム号」に乗り込む

「イースタンドリーム号」は19時に境港を出港。翌日の9時30分には韓国の東海港に到着した。
ここでは下船して町を歩き、港近くのコンビニ「ミニストップ」で昼食。「アサヒスーパードライ」を飲みながらサンドイッチを食べ、韓国製の辛いインスタントラーメンを食べた。

14時30分に東海港を出発すると、我々は甲板のテーブルでワインパーティーを始めた。
船内の売店で買ったフランス産、アメリカ産、チリ産のワインを飲みまくる。ロシア人のグループも加わって船上のワインパーティーは大盛り上がり。
これが船旅の良さというものだ。

20160920_kasori11_03▲フェリー「イースタンドリーム号」のレストランでの夕食

20160920_kasori11_04▲ウラジオストックの東ボスポラス海峡に入っていく

出発の地、ロシア、ウラジオストックへ到着!

20160920_kasori11_05▲「イースタンドリーム号」はウラジオストック港に到着

ロシアのウラジオストック港に到着したのは翌7月25日の16時。我々が泊まったホテルはその名も「赤道ホテル」。
さっそく町に飛び出し、シベリア鉄道の終点、ウラジオストック駅に行く。
1894年に完成した駅舎には、ターミナル駅としての風格が漂っている。ホームにはモスクワ行きの20両編成の列車が停車している。モスクワまでは9288キロ。1970年代にシベリア鉄道には乗ったことがあるが、また乗ってみたくなるのだった。

20160920_kasori11_06▲ウラジオストック駅に停車中のモスクワ行の列車

夕食はウラジオストック駅に近いレストラン「ポルト フランコ」で。スープのボルシチを飲みながら揚げパンのピロシキを食べる。メインディッシュの鶏肉ロールにはライスが添えられている。これが記念すべきロシアでの第1食目。

20160920_kasori11_07▲これがロシアでの第1食目、ピロシキ

20160920_kasori11_08▲ボルシチ

20160920_kasori11_09▲鶏肉ロール

このあとボルシチはほとんど毎日のように飲むことになる。ピロシキもあちこちで食べることになる。ボルシチとピロシキはロシアの「食」の代表選手といっていい。
翌日は一日、税関でのバイクの引き取りに費やした。道祖神の海野さんの活躍もあって夕方にはバイクを引き取ることができ、「赤道ホテル」の前にズラズラッと並べた。

20160920_kasori11_10▲ウラジオストックの「赤道ホテル」前を出発

20160920_kasori11_11▲サイドカーで参加の榛葉夫妻

7月27日。いよいよ出発だ。参加者全員で「目指せ、イスタンブール!」の雄叫びを上げて走り出したが、目指すイスタンブールは遥かに遠かった。

取材協力 (株)道祖神 参加者の皆様

【関連コラム】
◆Webikeバイクニュース 賀曽利隆コラム バックナンバー
賀曽利隆

賀曽利隆冒険家・ツーリングジャーナリスト

投稿者プロフィール

1947年東京生まれ。
1968年から2年間をかけてアフリカを一周したのを皮切りに、バイクで世界の6大陸を駆け巡る。
1982年には「パリ→ダカールラリー」に日本人ライダー初の参戦。1987年には「サハラ砂漠往復縦断」。7度の「日本一周」を成しとげ、「70代編日本一周」を目指している。
ツーリングマップル東北の担当ライダーで、東北の道という道を精力的に走っている。
モットーは「生涯旅人!」

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る