【新車】ホンダ、2017年型「CRF450R」、「CRF450RX」の受注を開始 全身進化を果たしたニューモデル

20160916crf450_01

Hondaは、世界各地のレース活動で培った先進技術を投入した、水冷・4ストローク・4バルブエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF450R」をフルモデルチェンジし、2017年型モデルとして11月7日に受注期間限定で発売する。

さらに、自然の地形を利用した不整地耐久競技のエンデューロレース向け競技専用車「CRF450RX」を新たに開発し、12月15日に受注期間限定で発売することも併せて発表した。
両モデルともに、受注期間:2016年9月16日(金)から12月26日(月)までで、CRF450Rがメーカー希望小売価格939,600円(税込)、CRF450RXがメーカー希望小売価格977,400円となっている。

世界選手権のタイトルを獲得したマシンからフィードバックを受けた「CRF450」シリーズ

2016モトクロス世界選手権を「ティム・ガイザー」が「CRF450RW」を駆り、チャンピオンを獲得した。スロベニア出身の19歳のライダーは、今シーズンから最高峰クラスにステップアップし、見事ルーキーイヤーでチャンピオンを獲得した。
このファクトリーマシンである「CRF450RW」のフィードバックを受けた2017年のCRF450モデルは、今年モトクロッサーと同時にエンデューロモデルが準備された。同時に開発されたこの2台は2016年型から大きく進化したエンジンや車体構成を備え、全身進化と呼べるモデルに仕上がっている。

CRF450Rのタンクにはチタンが採用され、更なる軽量化を果たし、オプションでセルスターターを備える。CRF450RXはエンデューロ用にりセッティングされた足回りと、容量の大きい樹脂タンクを装備。前期モデルとなる「CRF450X」から最新モトクロッサーをベースに大きく進化した。

【関連ニュース】
◆新日鉄住金、チタン薄板がHonda二輪モトクロッサー「CRF450R」の燃料タンクに採用
◆ホンダ、「CRF450R」をフルモデルチェンジし、「CRF450RX」を新たに設定

モトクロス競技専用車「CRF450R」2017年型モデル

2017_CRF450R

●エンジン/電装

20160916crf450_02

エンジンは、さらなる加速性能の向上を目指し、Honda独創の新世代ユニカムバルブトレインを採用した新設計の水冷・4ストローク・4バルブエンジンを搭載。

・バルブリフト量の拡大と、インテーク側にはフィンガーロッカーアームを新規に採用することにより、低回転域から高回転域までの全域のトルクと出力を向上
・DLC(ダイヤモンドライクカーボン)※2 処理をフィンガーロッカーアームとピストンピンに採用し、エンジンの摺動抵抗を軽減
・楕円断面形状のバルブスプリングを採用し、バルブリフト量を拡大させながら、エンジンの高さを抑え、車両の低重心化に貢献
・燃焼室形状の最適化と、ピストンオイルジェットノズルの数量を追加。排気レイアウトの見直しを行い、ノッキングを制御することにより圧縮比を引き上げてエンジン出力を向上
・クランク室内のオイルを吸い出してクランク室を負圧に保つ、進化した「スカベンジポンプシステム」を採用し、ポンピングロスを軽減。さらに吸い出したオイルをクラッチやミッションの潤滑に利用することで、オイルシステムの軽量化とミッションオイル全体の容量を低減し、フリクションの軽減を実現
・動弁機構やバルブ挟み角などを総合的に最適化し、吸気ポート形状をストレート化させるとともに、インテークバルブ径を38mmに拡大して充填効率を向上。また、リアサスペンション取り付け位置の見直しとエアクリーナーおよびエンジンの吸気側のポート変更によって、吸気通路を直線的につなぐ「ストレートインテークレイアウト」を実現
・エキゾーストパイプの曲げを緩やかにして高い圧縮比に対応させるとともに、マフラーを従来よりも前方にマウントすることでマスの集中化に貢献
・エンジン出力の増加に伴うクラッチシステムの大型化を回避するため、一次減速比を最適化し、クラッチシステムの小型化を実現
・ハンドル右側に設定されていたエンジンモードスイッチを左側に集約し、軽量化したスイッチハウジングを採用
上記に加え、エンジン始動時のライダーの負担軽減のために、セルフスタートを可能とする始動装置をオプション設定した。

※2 主に炭素と水素で構成される非結晶のカーボン硬質膜

●フレーム/足回り
新設計のフレームは、良好なトラクションを得るために後輪への荷重を増やすディメンションの設定とし、フロントの浮き上がりを抑止する低重心化と合わせ、軽快な操縦性を実現するショートホイールベースのコンパクトなフレームとしている。

・テーパー形状のメインパイプを採用し、フロントの安定感とリアのトラクション向上を実現。加えてフレームの軽量化を達成

20160916crf450_05
20160916crf450_03

・サブフレームの後端部を押し出し成形構造とし、車両重心から遠い部分での軽量化を図り、加えてチタニウム製のフューエルタンクを採用することで軽量化と低重心化を実現
・フロントサスペンションは、新設計のフレームディメンションにマッチングするSHOWA製のコイルスプリングサスペンションを採用。大径化したφ39のコンプレッションピストン、φ25のシリンダー径、φ14のロッド径とし、滑らかな動きでギャップでの走破性を向上
・リアクッションは、低位置センターレイアウトとし、走行時の安定感を向上。さらに、スイングアームを軽量・短縮化したことによりバネ下重量を軽減し、軽快性とトラクションの向上を実現

●その他
・フロントビューのデザインは、ラジエーターシュラウドとフロントフェンダーを見直し、前面投影面積を最小限に抑え空気抵抗を低減させるとともに、フロントフェンダーからの空気の流れをラジエーターシュラウド内に効率的に導き、冷却効果を向上
・フィルムインサート成形を採用したラジエーターシュラウドは従来品に比べ、光沢のある美しさを保ち洗車や摩擦でもはがれにくい耐久性を確保
・セルモーターとバッテリーを搭載し、セルフスタートを可能としたオプションを設定

エンデューロレース向け競技専用車「CRF450RX」2017年型モデル

2017_CRF450RX
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み) 977,400円(消費税抜き本体価格 905,000円)※リサイクル費用を含みます
●販売計画台数(国内・年間) CRF450RX 40台

●主な仕様
CRF450Rベースの各種高性能に加え、スプリントエンデューロレースに、各部の最適化を図ったモデル。

●エンジン
・CRF450Rのエンジンをそのままに、セルフスタートを可能とするセルモーターとバッテリーを標準装備
・CRF450RX専用の点火時期と燃料マッピングをエンデューロレース向けに最適化
●フレーム・足回り
・CRF450Rのフレームのエンジンハンガーを変更し、剛性を最適化
・樹脂素材のフューエルタンクを採用し、容量を8.5Lに増量して耐久性と航続距離を確保
・前後サスペンションは、エンデューロ走行に合わせ、プリロードの最適化と乗り心地を重視した減衰力セッティングを設定
・タイヤはエンデューロレースに適した、フロント90/90-21とリア120/90-18のサイズを採用
・サイドスタンドは、アルミ鍛造製を採用して強度と軽量化を両立

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る