【新車】ホンダ、新型二輪車「X-ADV」の量産を決定、EICMA2016ミラノショーで展示・発表

2160915_honda_xadv_001

Hondaは、昨年のEICMA2015ミラノショーに出品した「City Adventure Concept」をベースに開発を進めている新型二輪車「X-ADV(エックス エーディーブイ)」を、2017年の発売開始に向けて量産を決定した。
なお、本年11月にイタリアで開催されるEICMA2016ミラノショーにて詳細を発表する。

DCTを採用した、新たなスクーターコンセプトを打ち出すモデル

X-ADVは、アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備に加え、都市での快適な走行と利便性を高次元で融合させた、新しいジャンルを目指したモーターサイクル。
アップライトなライディングポジションと衝撃吸収性に優れた前後サスペンションなどによって、未舗装路の走行にも考慮。

また、5段階に調節可能なウインドスクリーンや、フルフェイスヘルメットが収納できるラゲッジボックスを装備するなど、都市部での快適な走行と高い利便性も備えている。

X-ADVは、購入者のより充実したライフスタイルを演出するとともに、楽しさを広げる製品として誕生させるとのこと。
この新たなコンセプトを実現する装備として、トランスミッションにはHondaの独自技術の二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備している。

ベースはNCシリーズか。 チューブレスリムを採用し、オン・オフに対応

2160915_honda_xadv_002

あわせて公開された動画を見ると、オフロードを軽快に駆け抜ける姿が映し出されており、排気音から推察すると2気筒のNCシリーズのエンジンを活用していると考えられる。
後輪がチェーン駆動されている映像からも、NC750インテグラをベースとしたモデルであるはずだ。

トルクフルなエンジンで後輪をスライドさせながらオフロードを疾走する姿は、スクーターのアドベンチャーモデルというべき新ジャンルで、フロント、リア共にチューブレスリムを採用しているようで、既存のチューブレスタイヤも装着が可能なように配慮されていると考えられる。当然動画では「オフロード」に対応したタイヤが装着されている。
タイヤのインチはまだ発表がされていないが、「City Adventure Concept」と同じであればせフロントに17インチ、リアには15インチとなるはずだ。

フロントにはダブルディスクを装備

ディスクはフロントがダブルディスクで、シングルディスクよりも幅広いセッティングが可能なため、オフロードでもオンロードでも十分なコントロール性と制動力が確保されるだろう。
ラゲッジスペースからヘルメットを取り出すシーンなどを見ると、スクーターのコンセプトと新型アフリカツインで培ったオフロードでのDCT制御技術、オフロードランへの最適化が図られていると期待ができる。

HondaはEICMA2016(ミラノショー)で「X-ADV」によるモーターサイクルの新たな世界を提案すると発表しているため、詳細な情報はEICMAで発表されるだろう。

X-ADVのコンセプトを表現した「Every road is my road」を、YouTubeの動画サイトで公開している。
また、「Your horizons are going to change forever」ではティザー映像として、イメージ映像も公開されていた。

【関連ニュース】
◆EICMA2015出展概要を発表「City Adventure Concept」を世界初公開 「CRF1000L Africa Twin」とミドルクラス6車種も出展

X-ADV: Every Road Is My Road

Your horizons are going to change forever

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る