MFJ、全日本ロードレース選手権第8戦 岡山大会の開催概要を発表

160913_67

日本モーターサイクルスポーツ協会は、9月24日(土)、25日(日)に岡山県の岡山国際サーキットで開催される「全日本ロードレース選手権第8戦 岡山大会」の開催概要を発表した。

JSB1000

今シーズン終盤となる第8戦。第7戦のオートポリス スーパー2&4が熊本地震の影響で中止になったことにより、JSB1000クラスは土曜日にノックアウト予選と決勝第1レースが、日曜日に決勝第2レースが実施されるという2レース開催となる。

そのJSB1000クラスを牽引するのは、5連覇を目指す中須賀克行選手。第5戦SUGO大会までに今シーズン3連勝を挙げており、どのレースでも2位以下を引き離してのチェッカーという確固たる王者の走りを見せつけている。

その勢いのままに、岡山でも他の追随を許さない走りで勝利を収めることになるのか。そんな王者に一矢報いるべく、優勝をねらう筆頭が津田拓也選手。

ランキング2位につける津田選手はここまで3戦すべて表彰台を獲得しており、あとはポディウムの頂点に上るのみ。

さらには渡辺一樹選手や野佐根航汰選手など、若いライダーも王者の独走を止めるべく虎視眈々と勝利を目指している。

迎え撃つ中須賀選手とどのような戦いが繰り広げられるのか、目が離せない一戦となる。

J-GP2 / ST600 / J-GP3

J-GP2クラスでは浦本修充選手がランキングトップをひた走っているものの、ついに前戦もてぎでその連勝がストップ。その連勝を止めたのは3年ぶりの優勝を飾った、ベテラン生形秀之選手。

もてぎではその生形選手を含めランキング上位4名である浦本選手、関口太郎選手、水野涼選手による四つ巴の戦いが、レース終盤まで繰り広げられた。

今大会もベテランと若手の火花散る激しい戦いとなることが予想される。

さらにはST600クラス、J-GP3クラスもランキングトップと2位が10ポイント差以内と、まだまだチャンピオン争いから目が離せない熾烈な戦いが続いている。

各クラス、各選手の終盤戦を迎えての戦いに注目が集まる。

以下プレスリリースより


160913_68

開催要項

■大会名称
文部大臣杯 2016 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦
スーパーバイクレースin岡山

■開催日
9月24日(土)、25日(日)

■会場
岡山国際サーキット

■開催クラス
文部科学大臣杯JSB1000(1大会2レース/土、日 各決勝)
J-GP2
ST600
J-GP3
MFJ CUP JP250(24日予選、決勝)
King of EURO FIGHTER

■公認
一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■主催
一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会、株式会社岡山国際サーキット

■後援(予定)
スポーツ庁、観光庁、岡山県、美作市、岡山県観光連盟、美作国観光連盟、岡山県経済団体連絡協議会、岡山県商工会議所連合会、岡山県経営者協会、一般社団法人岡山経済同友会、岡山県中小企業団体中央会、岡山県商工会連合会、山陽新聞社

■入場料
観戦券
前売り:土日通し4,320円
土曜日3,240円
日曜日4,320円
当日:土曜日4,000円
日曜日5,400円

※サポーターズクラブ会員本人は割り引きあり
※中学生以下は保護者同伴に限り入場無料

JR吉永駅⇔サーキットシャトルバス(日曜日)利用券付き土日観戦券
5,940円

※前売り販売のみ
※土日入場可
※シャトルバス運行は日曜日のみ

ピットラウンジパス
大人、中学生以上:17,280円
小学生:11,880円

※観戦券、駐車パス、グリッドパス、パドックパス、公式プログラム、ドリンク、昼食(日曜日のみ)、専用観戦ルームなどを含む
※公式ウエブサイトでの枚数限定
※小学生は駐車パス、公式プログラムは付かない

パドックパス
前売り:土日通し4,320円
当日:土曜日2,200円
日曜日6,500円

※ピットウォーク可
※小学生以下無料

ピットウオークパス
当日:日曜日2,200円

※土曜日のピットウォークはパドックパスで入場可
※小学生以下無料

駐車料金
4輪駐車料(当日販売のみ):土、日各日1,650円
2輪駐車場(当日販売のみ):土、日各日1,000円

※小型~大型自動2輪車で来場の場合、土、日各日レース終了後に行なわれるサーキットクルージングに無料で参加可能

チケット購入公式ウエブサイト
http://www.okayama-international-circuit.jp/miru/ticket.html

→全文を読む

情報提供元 [ 日本モーターサイクルスポーツ協会 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る