[HONDA]MXGP Rd.18 ガイザーが4位/3位で3位表彰台を獲得。バブリシェフは大会総合7位

160913_48

MXGP レポート

9月11日(日)、グレンへレンにおいて、モトクロス世界選手権の最終戦となるアメリカ大会が開催され、Hondaはマニュファクチャラータイトルの獲得を祝いました。

そして、前戦で2016年のMXGPクラスのチャンピオンに輝いたティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)が、今大会で3位表彰台に登壇し、そのルーキーイヤーを16度目の表彰台への登壇で締めました。

160913_49

予選と比べれば、レース1はガイザーにとっては平常運転だったと言えます。CRF450RWを駆るガイザーは、一時は6番手まで順位を落としましたが、その後、4番手まで上げ、そのままフィニッシュしました。

レース2でのガイザーは、第2コーナーの出口付近で2番手に躍り出ました。そして、その後はアントニオ・カイローリ(KTM)を追う展開となりました。

途中、2台ともがイーライ・トーマック(カワサキ)にかわされ、ガイザーは3位でフィニッシュするべくカイローリにプレッシャーを与え続けました。結果、3位でフィニッシュして見事に総合3位となり、16度目の表彰台への登壇を実現させました。

160913_50

今シーズン中の彼の走りはとにかく凄まじく、MX2タイトルとMXGPタイトルを立て続けに獲得したライダーとなりました。その強さは、Hondaがマニュファクチャラータイトルを獲得する大きな手助けになったと言えます。

また、Team HRCのゴーティエ・ポーリンは安定したパフォーマンスを披露し、レース2を5位でフィニッシュ。総合でも5位となりました。チームメートのイブジェニー・バブリシェフはゲートの外側からのスタートとなったものの、8位でフィニッシュして総合7位となりました。

160913_51
160913_52

今回のアメリカ大会をもって、モトクロス世界選手権の16年シーズンが幕を閉じました。しかし、レースはまだ終わりではありません。2週間後には、イタリアのマジョーラにおいてMXoN(モトクロス・オブ・ネイションズ=国対抗団体戦)が、そしてさらにドイツのフェルティンス・アレーナにおいてMonster Energy SMX Riders’ Cupが控えています。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

ページ上部へ戻る