[REDBULL]マン島TTコースをウィリーで1周する男

20160913_redbull_lampkin_01

ウィリーでのマン島TTコース1周は簡単?それは大間違いだ!

2016年9月に、キャリア最大のチャレンジに挑むトライアルバイクのレジェンドが、その難しさと意気込みを語った。

トライアルバイクでウィリーをしながら全長60.67kmのマン島TTコースを1周するというチャレンジは、想像するだけでも頭が痛くなる難しさだ。だがそれを成功させるとなれば、その難易度はさらに跳ね上がる。
しかし、ドギー・ランプキンはそのチャレンジに相応しい存在だということを数十年のキャリアを通じて示し続けてきた。

トライアルバイク世界選手権12回制覇に加え、ヨーロッパ選手権、英国選手権、スペイン選手権と数々の大会で優勝し、更にはRed Bull Hare Scrambleなどのエンデューロ系でも活躍をしてきたドギー・ランプキンは、世界屈指のモーターサイクルライダーだ。
それならば、ウィリーでのマン島TTコース1周も簡単なのではないかと思うかも知れないが、それは大間違いだ!

9月24日(日本時間9月25日)にRed Bull TVでライブストリーミングされる前代未聞のチャレンジを前に、今回はランプキン本人を捕まえ、トップライダーでも苦労するこのプロジェクトの難しさについて語ってもらった。

→全文を読む

情報提供元 [ REDBULL ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る