青木ノブアツ氏の解説と巡る「テクニカルパドックツアー」がMotoGP日本GPで開催 申込を開始

160912_20

青木ノブアツ氏の解説つき日本GPツアー

「MotoGPをもっと知りたい!」そんな熱烈なファンへの企画イベント、「MOTUL日本GPテクニカルパドックツアー」が、MotoGP日本グランプリ当日の10月14日に開催される。

イベントでは、「レギュレーションが変わった2016年最新マシンについて」「MOTULはTeamSuzuki/Tech3にどんなオイルを供給しているのか」「7年振りにMotoGPへ復帰したMICHELINの、250馬力を支えるタイヤとは」などコアな話を青木ノブアツ氏が直に解説。

他ではなかなか聞けない話を聞きながら、レースをより深く楽しめるイベントだ。なおツアー自体に参加費用はかからないが、別途パドックパスの購入が必要となる。

参加申込みは、主催であるFMグンマ「Aokiモーターステーション」申込サイトで募集されており、抽選で10名が選ばれる。

以下公式サイトより


MOTUL日本GPテクニカルパドックツアー

【開催日】
MOTUL日本GP 2016年10月14日(金)

【開催概要】
「MotoGPをもっと知りたい!」そんな熱烈なファンの方へ企画

MotoGP講座⇒青木ノブアツ/レギュレーションが変わった2016年。最新マシンを解説
MOTUL⇒TeamSuzuki/Tech3にどんなオイルを供給しているのか?
MICHELIN⇒7年振りのMotoGPへの復帰。250馬力を支えるタイヤって?

【施行時間】
10:50~(約1時間)MotoGP講座+MOTULオイルナビゲート@MOTULホスピタリティブース
16:00~(約30分) MCHELIN パワースリック解説@ミシュランガレージ
(時間・場所変更の可能性あり)

【参加条件】
10月14日(金)のパドックパスを購入済もしくはパドックパス購入予定の方
注※テクニカルパドックツアーに参加費用は掛かりませんがパドックパスを各自ご購入下さい

【申込み方法】
FMグンマ「Aokiモーターステーション」申込みサイトから

【応募人数】
抽選で10名

パドックパス(当日限り有効/限定販売)

10月14日(金)10,000円←これが必要です!
10月15日(土)11,000円
10月16日(日)12,000円

【内容】
●パドックエリア内、サービスハウス上(2コーナー~5コーナーまで観戦可能)
特設観戦エリア(最終ビクトリーコーナー付近)にご入場頂けます。
※入場制限を設ける場合があります

【ご案内】
●3歳以上共通料金。パドックパスは各1日の料金

●パドックパスには別途観戦券が必要

●引換券での販売です。レース開催期間中にツインリンクもてぎチケットセンター窓口にて引換を実施いたします。

●安全なレース運営を行うために、ピットボックス上にはレース関係者以外の立ち入りを禁止させて頂きます。

●パドック内(ピット裏)一部エリアについては時間帯により入場制限が行われます。詳細は決まり次第ご案内いたします。予めご了承下さい。

160912_21
160912_22

image:ツインリンクもてぎ

→全文を読む

情報提供元 [ 【青木ノブアツ】オフィシャルサイト ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る