[YAMAHA]MotoGP Rd.13 フリー走行 Movistar Yamaha MotoGP、ミサノで好調スタート

160912_15

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第13戦サンマリノGP
■開催日:2016年9月9日(金)フリー走行総合結果
■開催地:イタリア/ミサノサーキット(4.226km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:43度

Movistar Yamaha MotoGP、ミサノで好調スタート

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、快晴に恵まれたミサノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリでフリープラクティスを開始。決勝に向けてセッティング作業を行いながら、それぞれ合計37ラップと40ラップを走行してロレンソが4番手、ロッシが6番手を獲得した。

ロレンソは午前中に行われた第1セッションから好調。45分間のほとんどをセッティング作業に費やし、終盤ではラップタイム更新にも力を注いだ。

トップ10がコンマ5秒以下にひしめく接近戦のなかで、1分33秒774で5番手。 午前中の作業の成果によってマシンに好感触をつかんだロレンソは、午後からの第2セッションでは、中盤早々に2セット目のタイヤを使用したため終盤のアタック用のスペアタイヤが残されていなかったにもかかわらず、0.7秒も更新する1分33秒056で総合4番手を獲得した。

チームメイトのロッシも、ホーム・グランプリを完璧な形でスタート。セッション序盤でマシンバランスを調整し、YZR-M1の調子を見ながらセッティングを進めていった。

熱烈なイタリアのファンの声援を受けながら、地元のヒーローは終盤から身体を伏せてタイムアタック。1分33秒451のベストタイムを記録するとMonster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロを抜いてトップに立ち、ヤマハの1-2を形成した。

第2セッションでも引き続きタイムアタックを行いながら、セッティング面ではおもにタイヤの耐久性向上を目標に作業に取り組んだ。そして気温が上昇するなかでもコンスタントにタイムを短縮してベストラップは1分33秒387。一時、3番手まで浮上したあと総合6番手で初日を終えた。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る