[HONDA]MotoGP Rd.13 決勝 ペドロサが今季初優勝。マルケスは4位で総合首位をキープ

160912_04

■2016年9月11日(日)・決勝
■会場:ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
■天候:晴れ
■気温:28℃
■コースコンディション:ドライ
■観客:10万496人(3日間:15万8396人)

MotoGP レポート

イギリスGPからの連戦となる第13戦サンマリノGPは、予選8番手から決勝に挑んだダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、今季初優勝を達成しました。

ペドロサは、オープニングラップは6番手。それから快調にラップを刻み、5周目に5番手へ。7周目に4番手に浮上すると、先行するバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)、そしてチームメートのマルク・マルケスに続きました。

160912_01

その時点で、トップを走るバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)から4番手のペドロサまでの差は約2秒でした。ペドロサは1分33秒台前半で快調にラップを刻み、14周目にマルケス、17周目にロレンソ、そして22周目にロッシをかわし、それからもペースを緩めず、最終的に3秒近いリードを築いて今季初優勝を達成しました。

ペドロサの優勝は、昨年のマレーシアGP以来、15戦ぶり。前戦イギリスGPを終えて総合5位にランキングを落としていましたが、今大会の優勝で総合4位を取り戻しました。

160912_02
160912_03

予選4番手から決勝に挑んだマルケスは、オープニングラップは5番手でしたが、4周目に3番手に浮上しました。その勢いで前を走るロッシとロレンソを追撃しましたが、思うようにペースを上げられず、中盤にはチームメートのペドロサに交われて4番手へ。さらに、先行する3台との差がなかなか縮まらないことから終盤は4位をキープする作戦に切り替えました。

イギリスGP、サンマリノGPの2連戦で連続4位に終わったマルケス。チャンピオンシップを視野にミスのない走りに徹し、2戦連続で表彰台を逃すことになりましたが、5戦を残して2位に43点差で、2年ぶりのタイトル獲得に向けて、また一歩前進しました。

160912_05

第11戦チェコGPで初優勝達成、第12戦イギリスGPで2位表彰台に立ったカル・クラッチロー(LCR Honda)は、8位でフィニッシュしました。予選7番手からオープニングラップ7番手につけると、中盤までマーベリック・ビニャーレス(スズキ)と6位争いを繰り広げました。

後半にペースが上がらず、ポジションを落とす苦しいレースでしたが、しっかりポイントを獲得しました。レース終了後、レッドゾーンを通過したとのことで1.5秒加算のペナルティを科せられ9位に降格となりましたが、その後の審査で8位が復活しました。

160912_06

ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、2周目に転倒を喫し、ピットに戻ってペダルを交換、コース上に復帰して17位でフィニッシュしました。チームメートのジャック・ミラーは、第10戦オーストリアGPで痛めた右手首の状態がよくなくて、決勝をキャンセルしました。

【フォトギャラリー】
◆【HONDA】MotoGP Rd.13 ペドロサが今季初優勝。マルケスは4位で総合首位をキープ

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  2. 専用設計でペール缶にピッタリフィット パーツの企画・製造・販売を行うマジカルレーシングは、…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 「トータルコントロール」が開発テーマ CB250…
  4. オートバイパーツ、車体の塗装・整備を行うAWANOメンテナンスサービスは、オンロードバイク用…
ページ上部へ戻る