Team KAGAYAMA 浦本修充がMotoGP 日本グランプリ ワイルドカード参戦

20160908_motogp_kgym_03

Team KAGAYAMAの浦本修充が「2016 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 MOTUL 日本グランプリ Moto2クラス」にワイルドカード参戦することを発表した。

全日本J-GP2がひとつになる!

今シーズンより当チームに加わり、全日本ロードレース選手権J-GP2クラスに参戦している浦本は、これまで5戦中4勝を挙げ、ランキングトップでワイルドカード参戦の権利を得ました。しかし、ホンダエンジンでのワンメイククラスであるMoto2クラスへの参戦は、他メーカーのユーザーには困難でありました。
そんな現状を変えるためにも、今回は、全日本J-GP2クラスの多くのチームや関係者から協力を得て参戦することが可能となりました。
全日本J-GP2クラスのチームが一丸となり、その代表として出場チーム名を「JAPAN-GP2」としてエントリーいたします。
このプロジェクトの最大の目的は、現状の全日本J-GP2クラスが、世界レベルのどの位置にいるのかを計るべく、物差しとなり、今後の若手選手の目標設定に役立てることを考えています。
Team KAGAYAMAとしてだけではなく、全日本J-GP2クラス全体としての挑戦となる今回のMoto2クラスワイルドカード参戦に、ぜひご声援くださるよう、お願い申し上げます。

参戦クラ:Moto2
チーム名:JAPAN-GP2
マシン:Kalex
ゼッケン:63

■ライダー:浦本 修充 (ウラモト ナオミチ)
Team KAGAYAMA (全日本ロードレース選手権シリーズ J-GP2クラス)
20160908_motogp_kgym_001
「まずは、この様な機会を与えてくださった加賀山監督を始め、全日本J-GP2チームの皆様や関係者の皆様に心から感謝しています。自分にとって初めてのワイルドカード参戦となりますが、現在の自分の実力が、どこまで世界に通用するか、すごく楽しみです。たくさんの方々への感謝の気持ちを胸に、全身全霊をかけて戦います。」

■チーム監督:加賀山 就臣 (カガヤマ ユキオ)
Team KAGAYAMAオーナー
20160908_motogp_kgym_002
「多くのチーム関係者の皆様のご協力により、日本GPにワイルドカード参戦できることを、とても感謝しています。日頃、全日本ではライバル関係にあるチームが、今回は一つになりました。僭越ながら、全日本J-GP2代表と考え、胸を張って全力で挑戦して行きます。今回の参戦スタイルが、これから日本のレース界を担うであろう若手ライダーの目標や夢になるように、来年、再来年とバトンをつないで行ければと思っています。ぜひ応援をよろしくお願いいたします。」

→全文を読む

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 20170227_pol25
    オフロードバイクメーカーの外装生産も引き受けるポルトガルの企業 ポリスポーツ(Polispor…
  2. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  3. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  4. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
ページ上部へ戻る