DUNLOPの住友ゴム、8月7日に実施した「全国タイヤ安全点検」の結果を報告

20160907_sumitomo_01.jpg

住友ゴムグループの二輪車用タイヤの販売会社、ダンロップモーターサイクルコーポレーションは、8月7日(日)に「DUNLOP 全国タイヤ安全点検」の一環として実施した、二輪車用タイヤの安全点検結果を集計した。今回の点検では、タイヤの整備不良は90台(点検台数626台)と、約7台に1台の割合で確認された。

この点検活動は2012年から毎年、8月19日の「バイクの日」前後に全国の道の駅やレストハウスなどで実施しており、4回目となる本年は全国6カ所で実施した。(2014年は悪天候のため中止)

当日はタイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝チェック、タイヤ表面の損傷、摩耗度合いなどを調べる外観点検を行うとともに、タイヤの安全で正しい使用・管理方法について説明したチェックカードを配布するなど、ライダーの皆様にタイヤの日常点検の重要性を訴求した。

タイヤの整備不良は90台と、約7台に1台の割合

全国で626台の車両を点検した結果、タイヤにかかわる整備不良は全点検台数のうち90台(約14.4%)で、その内訳は(重複含む)タイヤの残溝不足が54台(8.6%)と最も多く、以下ヒビ割れが28台(4.5%)、偏摩耗が14台(2.2%)、損傷が6台(1.0%)という結果だった。なお今回の点検により、2012年からの累計点検台数は2,275台となった。

DUNLOPでは今回の点検結果を踏まえ、今後もライダーの皆様に安全で正しい使用方法や管理方法などを伝えていく。

→全文を読む

情報提供元 [ 住友ゴム工業 ]

関連記事

ページ上部へ戻る