[HONDA]MXGP Rd.17 ガイザーが4位/2位となり、ルーキーイヤーにしてMXGPクラスのチャンピオンに輝く

20160906_honda_mxgp17rd_01

MXGP レポート

9月3日(土)、シャーロット・モーター・スピードウェイにおいて、モトクロス世界選手権の第17戦アメリカズGPが開催された。MXGPクラスは、ルーキーシーズンにCRF450RWを駆り、チャンピオンを獲得したスロベニア出身の19歳、ティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)が、タイトル決定戦となった今大会を表彰台で締めくくった。

今大会を2位に65ポイントの差をつけて臨んだガイザーは、勝利を信じていたが、栄光の瞬間は想定よりも早く、ハラハラし通しのレース1が終了した時点で訪れた。シリーズポイントの計算上、ライバルのアントニオ・カイローリ(KTM)を10ポイント上回る必要があったガイザーは、好スタートを切って4番手につけた。ジェレミー・バン・ホービーク(ヤマハ)を相手に3番手争いを続ける反面、グレン・コルデンホフ(KTM)とクレモン・デサール(カワサキ)に追われる展開となった。一方でタイトル争いの当事者であるカイローリは、15番手と出遅れた。その後のばん回で13位となったカイローリだが、ガイザーは4位でフィニッシュ。この段階で両者のポイント差は75となり、残りの3レース(最大可能得点=75)でガイザーがノーポイントを喫しても同点になるため、優勝回数でカイローリを上回るガイザーのタイトル獲得が確定した。15年のMX2クラスのチャンピオンに続き、ガイザーはルーキーシーズンで16年のMXGPクラスのチャンピオンに輝いた。

20160906_honda_mxgp17rd_0220160906_honda_mxgp17rd_03
▲ティム・ガイザー▲Team Honda Gariboldi Racing

続くレース2では、タイトル争いのプレッシャーから解放されたガイザーは、全力でのアタックを敢行。好スタート直後の1コーナーではトップに立ち、2番手のイーライ・トーマック(カワサキ)を5周にわたってリードしたガイザーだったが、小さなミスでトーマックに先行を許した。それでも2位でフィニッシュしたガイザーは、大会総合2位の座を確保し、今シーズン17戦を消化したこの時点で、15度目となるポディウム登壇を果たした。

Team HRCのイブジェニー・バブリシェフは、オールニューのCRF450RWをデビューさせ、有望なパフォーマンスを披露した。

レース1は試運転のようなものになったことは否めないが、ニューマシンを本番で初めて走らせたバブリシェフは、自分自身の成績に対する歯がゆさをレース2にぶつけ、終始ポディウムをかける戦いを演じた。

スタートの段階でうまく飛び出したバブリシェフは、序盤から2番手争いに加わった。レースが進行すると、このバトルは3番手争いへと変化したが、バブリシェフとチームは、今回のデビュー戦でみせたニューマシンの有望なポテンシャルに自信を深めることになった。

一方、チームメートのゴーティエ・ポーリンは、この日のフリープラクティスとタイムドプラクティスの時点でトップレベルの走りを披露していたが、残念ながらレースでは運がなかったよう。レースでは2度とも、スタートで出遅れ、混戦に飲み込まれてしまった。レース2では、わだちに足を取られて転倒した際に、足首をひねってしまった。

20160906_honda_mxgp17rd_0420160906_honda_mxgp17rd_05
▲イブジェニー・バブリシェフ▲ゴーティエ・ポーリン

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る