NEXCO、道東自動車道通行の再開及び「国道38号」「国道274号」災害通行止めに伴う無料措置を発表

20160906_nexco_doutou_01

NEXCOは、台風10号による土砂崩れ等で通行止となっていた道東自動車道 占冠(しむかっぷ)IC~芽室(めむろ)IC間について、土砂の除去等の復旧が完了したため、2016年9月1日8時に通行できるようになり、日高山脈を境に分断されていた道央地方と道東地方の道路交通を再確保した。
なお、国道38号及び274号が落橋等の大規模な被災のため通行止が長期に及ぶことから、並行する道東自動車道の占冠ICから音更帯広IC間において無料措置を実施して国道38号および274号の代替路として活用することを発表した。

国道38号を迂回して高速道路をご利用される車両の通行料金を無料とします(道東自動車道 冠IC~音更帯広IC間)

1.実施期間
平成28年9月1日(木)8:00から国道38号及び国道274号の通行止解除まで
※国道の通行止解除の状況により、無料措置区間が変更となる場合があります。

2.対象となるご利用
道東自動車道において、以下のICが入口かつ出口となるご利用
占冠IC、トマムIC、十勝清水IC、芽室IC、帯広JCT、音更帯広IC
※占冠IC~音更帯広IC の区間を超えて通行する車両は、無料措置の対象となりません。
占冠IC~音更帯広ICも含め通常の通行料金をいただきます。

3.対象車種 全車種

4.通行方法
一般レーン、ETCレーンのいずれを走行しても無料措置の対象となります。
※ご注意 ETCをご利用の場合、料金表示器及び利用照会サービスなどにご利用履歴が表示されますが、通行料金の請求はいたしません。
125cc 以下の車両については、通行できません。
※トマム IC から南富良野町落合までの夕張新得線及び落合停車場線は、現在通行止です。
十勝清水IC から帯広市、占冠村に向かう国道274号は、両方向とも現在通行止です。

最新の道路通行止情報は、以下のHPでご確認ください。
国土交通省 北海道開発局 http://info-road.hdb.hkd.mlit.go.jp/RoadInfo/index.htm

20160906_nexco_doutou_02

20160906_nexco_doutou_0320160906_nexco_doutou_04

20160906_nexco_doutou_05

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO東日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る