[HONDA]WCT Rd.8 トニー・ボウ、ついに前人未踏のシリーズ10連覇。大偉業を達成

160905_36

■2016年9月3日(土)・決勝1日目
■9月4日(日)・決勝2日目
■会場:キアンポ
■気温:32℃
■観客:1万人

決勝1日目「トニー・ボウ、20個目のタイトルを獲得」

トニー・ボウ(Repsol Honda Team)が、自身20個目のタイトルを獲得しました。10個はインドアのタイトルで、そして今回、10個目のアウトドアタイトルを獲得。合計20個の世界選手権タイトルの大記録は、トニー・ボウにしか達成できないすばらしいものとなりました。

160905_37

山の上に11個のセクションが設定され、スタート地点には第1セクション。合わせて12セクションを3ラップする戦いは、いつにもまして難しいものとされていました。

しかしボウは、減点らしい減点をしません。圧巻だったのは第9セクション。ボウ以外の誰もが挑戦をあきらめ、5点のパンチだけもらって先を急ぐ中、ボウだけがトライして、1点2回、クリーン1回のすばらしいスコアを叩き出します。あわせて13点の減点は、2位のアダム・ラガ(TRS)に43点差。圧倒的な勝利でした。

160905_38

6週間前に手首を骨折し、手術をして今大会に臨んだ藤波貴久(Repsol Honda Team)は、やはり手首の痛みに苦しみます。久々に目の前に見えてきたランキング3位。ライバルのアルベルト・カベスタニー(シェルコ)にはポイントで14点差をつけているのですが、必ずしも安全な点差とはいえません。

160905_40

ハイメ・ブスト(Repsol Honda Team)は、ランキング5位争いの渦中にありました。しかしライバルのジェロニ・ファハルド(ヴェルティゴ)が表彰台に乗り、対してブストは5位。その差を4点縮められて、1点差まで詰め寄られてしまいます。

藤波は6位となり、内容的には不満の多いものとなりましたが、ライバルのカベスタニーは4位。その差を3点だけ縮められたにとどまりました。あと1戦、望みはつながりました。

ボウがタイトルを獲得した歓喜の反面、チームメートの2人は翌日の戦いに思いを巡らせていました。

決勝2日目「トニー・ボウ、最終戦を勝利で締めくくる」

明けて日曜日。土曜日同様、暑い一日となりました。

トニー・ボウは、第2セクションで5点となり、土曜日とは異なる展開で試合をスタートさせました。アダム・ラガ追撃を期します。

160905_39

1ラップ目は一進一退。ラガとの今季のタイトル争いを再現するような、好勝負が続きます。この戦いに決着をつけたのは、チャンピオンを決めたボウでした。2ラップ目、ボウは8点で12セクションを走りきり、ラガとのリードを広げることに成功しました。

このまま試合は進み、ボウは今シーズン12勝目を挙げ、土曜日に獲得した2016年チャンピオンに華を添える形でシーズンを終えました。

160905_41

チームメートの藤波貴久は、この日が最終決戦でした。ランキングポイント11点差で迎えた最終戦。この11点を守りきれば、ランキング3位が決まります。

土曜日に酷使した左手首は、この日は朝から激しい痛みで藤波を苦しめました。しかし藤波はこれによく耐え、最後の最後まで集中力を切らすことなく走りきりました。

160905_42

序盤は表彰台争いをしていた藤波ですが、今回はさすがに表彰台争いは厳しかったのか、最終リザルトは5位となりました。ランキング争いのライバルであるアルベルト・カベスタニーは4位。ランキングポイントでは9点差で、藤波貴久はランキング3位獲得を決めました。2012年からランキング5位を維持していた藤波ですが、5年ぶりにランキング3位に返り咲きました。

160905_43

チームの若手であるハイメ・ブストには、苦しい最終戦となりました。1ラップ目にミスが重なって、開幕戦から維持していたランキングを最後の最後に落として、最終的には6位でシーズンを終えることになりました。若いブストには、なお修業を積んで、さらに大きな目標に向かってがんばってほしいところです。

160905_44

さて2016年のアウトドアトライアル世界選手権は終了しましたが、Repsol Honda Teamの活動はまだ終わっていません。来週末にはトライアル・デ・ナシオンがフランスで開催されます。チームからは、トニー・ボウがスペインチーム代表として、藤波貴久が日本チーム代表として出場します。

160905_45

【関連ニュース】
ホンダ、「トニー・ボウ 前人未到の10連覇への歩み」を特集した特設サイトを公開

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  2. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  3. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
  4. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
ページ上部へ戻る