[HONDA]CEV Rd.6 長島哲太が2位/3位で2レースともに表彰台を獲得

160905_23

Moto2 レポート

FIM CEVレプソルインターナショナル選手権の第6戦は、ポルトガルのアルガルベ・インターナショナル・サーキットで開催されました。コースは2008年に完成。全長4.658km、合計15のコーナーがあり、高低差のあるコースは、ブラインドコーナーが多く、スリリングなレースが展開します。

Moto2は、長島哲太(Ajo Motorsport A.)が今季2度目のポールポジションを獲得し、初優勝を目指しました。山田誓己(H43 Team Nobby Talasur)は、「2016 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会」(以下、鈴鹿8耐)のテストで負った右さ骨の骨折で同大会を欠場。そこからの復帰レースとなった今回は、予選18番手からのスタートとなりました。

決勝は晴天に恵まれ、青空の下で熱戦が繰り広げられました。レース1はスティーブン・オデンダル(AGR TEAM)がホールショットを奪い、長島が続きますが、バランスを崩した長島が立て直している間にオデンダルが逃げます。ですが、長島は2周目にはタイムを上げてオデンダルの背後に迫り、6ラップ目にはトップを奪います。

トップ争いは、この2台に絞られました。長島はオデンダルを突き離そうとしますが、その差は変わらず、息詰まる攻防が続きます。そして、最終ラップの最終コーナーでオデンダルが動き、2台は並んでコントロールラインを通過しました。結果は、0・099秒差で長島は涙を飲み、オデンダルがウイナーとなりました。

160905_24

3台による激しい3位争いを制したのはアラン・ティーチャー(NTS T Pro project)。鈴鹿8耐で活躍したディマス・プラタマ(ASTRA Honda Racing Team)は5位でチェッカー。山田は20位となりました。

レース2のホールショットを奪ったのはフェデリコ・フリーニ(Team Ciatti)ですが、ジャンプスタートによるペナルティーでポジションを落とします。変わってトップに立った長島が、2番手以下を突き離します。そこにオデンダルが追いつき、レース1と同様に2台によるトップ争いが繰り広げられます。

9ラップ目にオデンダルが首位に立ち、長島が僅差で続きました。そこに、セカンド集団から抜け出したティーチャーが迫り、3台によるトップ争いへと発展します。ティーチャーは12ラップ目に長島を捕らえて2番手に浮上。長島は激しくプッシュしてティーチャーに襲いかかり、2番手争いはコーナーごとにポジションを入れ替える激しさとなります。

結局、オデンダルがティーチャーを突き離してダブルウインを果たし、2大会を残してシリーズチャンピオンに輝きました。レースは2位にティーチャー、3位に長島となりました。プラタマは8位。山田はスタート直後の1コーナーで追突され、転倒リタイアとなりました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る