[YAMAHA]MotoGP Rd.12 予選 ウエットの予選でロッシが2番手フロントロー、ロレンソは9番手

160905_12

RACE DATA

■大会名称:MotoGP第12戦イギリスGP
■開催日:2016年9月3日(土)予選結果
■開催地:シルバーストーン/イギリス(5.902km)
■コースコンディション:ウエット
■気温:16度
■路面温度:17度
■PP:C・クラッチロー(2分19秒265)

ウエットの予選で、ロッシが2番手フロントロー、ロレンソは9番手

第12戦イギリスGPの予選は悪天候に見舞われ、Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシとJ・ロレンソにとっては難しいチャレンジとなったが、果敢に走りきり、ロッシは2番手としてフロントローを獲得、ロレンソは9番手で3列目から決勝に挑む。

ロッシは、コース上の混雑と前車が跳ね上げる水しぶきを避けるため、早めにピットアウト。最初の周回は慎重に走り2分27秒714の6番手につけた。その後ひとつ下げて7番手となったが、次のアタックで2分22秒856まで短縮して5番手。さらに2分22秒269へ上げて3番手に浮上した。

その後、コンディションがさらに悪化し、多くのライダーが転倒したが、ロッシはトラブルに巻き込まれることなく、残り2分で最後のアタックに臨んだ。2回のトライが可能だったが、1回目で2分20秒263へ更新。トップに0.998秒の2番手としフロントローを獲得した。

チームメイトのロレンソは、真っ先にコースインしてアタックを開始。雨が激しくなる前のわずかな時間を使って、一気に2分22秒192を叩き出した。その後の3ラップもアタックを続けたが、コンディションが悪化したためタイムを更新することはできなかった。

それでも懸命のアタックを続けたロレンソだったが、1周目でマークしたタイムをなかなか更新できず、全体のペースが上がるなかで6番手まで後退してしまう。

そしてセッション終盤、最後のチャンスで一気にコンマ5秒以上短縮して2分21秒687を記録したが、トップと2.422秒差の9番手にとどまった。明日はグリッド3列目から決勝に臨む。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る