トレンドに乗るか!? BMWから 「R nineT スクランブラー」が登場!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160829_14
BMWから新型モデル「R nineT Scrambler」(アール・ナインティ・スクランブラー)が国内発売されることになった。
今回発売される「R nineT Scrambler」は、EICMA2015で発表され注目を集めたニューモデルであり、BMWのネオクラシック風カフェレーサーである「R nineT」のプラットフォームを利用した派生モデルの位置づけ。

「R nineT」をベースに60~70年代当時のスクランブラーをイメージ

エンジンやフレームは「R nineT」と共通で、伝統の空油冷4ストローク水平対向2気筒DOHC4バルブ、通称ボクサーツインをエンジンを剛体の一部とするBMW独特のスチール製3セクションフレームに搭載。最高出力も110psと同様となっている。ちなみにこのエンジンはBMW創立90周年の節目に当たる2013年に水冷化された新型R1200GSになる以前の最後の空油冷ユニットである。

160829_08

装備としては、60~70年代当時のスクランブラーをイメージしたシンプルかつ小ぶりなヘッドライトにアップタイプの縦2本出しマフラー、「R nineT」より高めのアップハンドルと低めのシート&ステップを備え、ナローなスクランブラーイメージを保つためにフロント19インチ、リア17インチとしつつ、リアタイヤサイズは170と細めの設定としているのが特徴。

160829_06
160829_04

サスペンションもフロントは「R nineT」同様、伝統的なテレレバーではなく、一般的なテレスコピック式正立フォークを採用。リヤサスはBMW独特のパラレバー&センタースプリングストラットに片持ち式スイングアームを組み合わせる。なお、リヤショックは可変リバウンドダンピング調整とプリロード油圧調整機構を装備。ブレーキもABS標準装備の前後トリプルディスクと同様だ。

BMWの“スクランブラー”挑戦に期待

160829_13
ドゥカティやトライアンフ、モトグッツィなども含めて、最近はにわかに“スクランブラー”がブームだが、BMWもトレンドに乗せてついにこのジャンルに参戦か。
GSシリーズで世界的な“アドベンチャー”ブームを作ってきた同社だけに、自由で気ままなダート系とも言えるスクランブラーにも、今後は熱意を持って挑んでくるに違いない。まずはお手並み拝見といったところか。
なお10月発売予定で価格は未定とのこと。

【関連ニュース】
【新車】BMW、「R nineT スクランブラー」を10月に国内発売 スペックデータを公開
【新車】BMW、ついにスクランブラーモデル「R nineT Scrambler」を発表!
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る