[SUZUKI]JRR Rd.6 灼熱のレースを生形秀之、3連続ポールから遂に制す!

20160830_suzukiRd6_01

■2016年8月20日・21日
■全日本ロードレース選手権 第6戦 もてぎ 2&4レース
■場所:栃木県・ツインリンクもてぎ

灼熱のレースを生形秀之、3連続ポールから遂に制す!

2016全日本第6戦2&4が8月20日・21日に栃木県ツインリンクもてぎで行われた。開催クラスはJ-GP2クラス。今回のこのレースにスズキ勢からは、ここまで4連勝で来ているTeam KAGAYAMAの浦本修充、エスパルスドリームレーシングの生形秀之、ミクニ テリー&カリーの長尾健吾らが参戦した。2&4レースでは、フォーミュラマシンのタイヤが路面にタイヤのラバーを擦り付けて走るため、二輪車はグリップに大きな影響を受ける。しかしそれもコンディションによって出方が異なることから、今回はどんな形になるのか注目された。

金曜日のART合同テストは朝8時45分から45分1本、12時40分から45分1本の合計2本の走行が行われた。1本目はフォーミュラマシンが走る前で2本目はF3走行後。しかも2本目は路面温度が上がったため、各ライダーともに1本目のタイムを上回ることはできなかった。そうした中、生形が1’54.440を出してトップタイムをマーク。2番手に浦本が1’54.453で続いた。

レースウイーク入りする前の時点の天気予報で雨の心配は伝えられていなかったが、直前になって日本近郊に台風が発生。その影響から、土曜日は栃木県地方に雷注意報が出され、早朝から激しい雨が降り出してしまった。ところが台風の影響ということで、その移動状況によって天候が急変。お昼前に雨が止むとすぐに太陽が顔を出し、午後1時5分からスタートする予選前には路面が乾き出していた。結果的にコースはほぼドライ。アンダーブリッジ内だけは雨が残ってしまったが、全車スリックタイヤでタイムアタックを行うことができた。

35分間のセッションでは中盤に浦本がトップに浮上。しかしライバルたちも続々とタイムアップを果たしてくる。残り10分間となったところで浦本が1’54秒台へタイムを入れ、再びトップに。生形も1’54秒台へ入れ、これを追いかける展開となった。浦本はラストラップに1’54.364を出すが、その直前に生形が出した1’54.281には届かず。生形はこれで3連続ポールポジション獲得を果たした。長尾は1’55.451で12番手からのスタートとなった。

決勝日も台風の影響が懸念されたが、結果的に朝から快晴となり、気温がどんどん上がる中でスケジュールが消化されていった。朝のウォームアップ走行は気温27度、路面温度35度というコンディションで行われ、浦本が1’54.830でトップ。2番手に1’55.054で生形が続く。決勝は午後1時にスタート。気温はさらに上がり、気温33度、路面温度50度という厳しい暑さの中で、22ラップというロングディスタンス設定で戦われる。ホールショットは浦本。しかし直後に浦本を関口太郎選手が抜き、浦本は2番手。さらにその浦本を生形が3コーナーでパスし、2番手に。さらにこのグループに後ろから水野涼選手が加わり、浦本はやや離されて単独の4番手走行となっていく。3周目まで関口選手、4周目から7周目まで水野選手が、8周目から10周目まで関口選手がそれぞれトップに立つ激しい先頭争いの中、生形は11周目にトップに立つと、うまくこの集団をコントロールしながらタイヤマネージメントも行い、終盤のスパートに備える。結局、一時1’55秒台に落ちたタイムをラスト4周では再び1’54秒台へ上げ、ラストラップにこのレースでの自身のファステスト1’54.469をマークして後続を抑え、生形が13年第4戦筑波以来約3年振りとなる勝利を獲得した。浦本は4位、長尾は7位でそれぞれゴールした。

20160830_suzukiRd6_0220160830_suzukiRd6_03
20160830_suzukiRd6_0420160830_suzukiRd6_05

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. アルパインスターズの国内代理店である岡田商事が、東京モーターサイクルショーの会場でエアバッグ…
  2. ヤマハは、2サイクルエンジンと軽量な車体で一世を風靡した「RZ250」のガソリンタンクの「ニ…
  3. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  4. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
ページ上部へ戻る