スズキ、二輪車世界耐久選手権で2年連続、15回目の年間チャンピオンを獲得

160829_66

最終戦で2位表彰台。2年連続、15回目の年間チャンピオン

スズキの子会社「スズキフランス社」の二輪車耐久レースチーム「スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)」が、8月27日にドイツ・オッシャースレーベンで行われたFIM(国際モーターサイクリズム連盟)が主催する「二輪車世界耐久選手権」の最終戦で2位表彰台を獲得した。

この結果、シーズン累計ポイントで2年連続、15回目の年間チャンピオンを獲得した。

二輪車世界耐久選手権は、市販ベースの二輪車で競われる耐久レースで、年間4戦が行われている。市販車の走行性能や耐久性など総合力が求められるレースで、スズキはスーパースポーツモデル「GSX-R1000」で参戦している。

160829_67

SERTは、第1戦フランスの「ル・マン24時間」で5位入賞した後、第2戦ポルトガルの「ポルティマン12時間」で2位表彰台に上がり、着実にポイントを重ねてきた。

第3戦の「鈴鹿8時間」は22位でポイント獲得はならなかったが、第3戦終了時点でのシーズン累計ポイントランキングでは首位とわずか9ポイント差で4位につけていた。

そして最終戦(第4戦)ドイツの「オッシャースレーベン8時間」では、終始首位争いを繰り広げ、トップと21秒差で2位表彰台を獲得した。

この結果、シーズン累計ポイントが2位と1ポイント差の88ポイントとなり、逆転で2016年シーズンの年間チャンピオンに輝き、SERTのチームワークの高さと「GSX-R1000」の高い総合力を証明した。

スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)
2016年シーズンの成績

160829_68

シーズン累計ポイント

160829_69

→全文を読む

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る