[HONDA]MXGP Rd.16 バブリシェフがレース2で9位、ガイザーはレース1で12位

160829_46

MXGP レポート

Team HRCのイブジェニー・バブリシェフとゴーティエ・ポーリンにとって、第16戦オランダ大会は非常に辛い試練となりました。滑りやすいサンド(砂の)路面は、前夜とレース当日朝の2度にわたる嵐で悪化し、まるでビーチでレースをするようなコンディションで決勝を迎えました。

レース1は、多くのライダーが難コンディションに足をすくわれて転倒。バブリシェフが好スタートで9番手に浮上した頃、2コーナーの混戦で行く手を閉ざされたポーリンは、最後尾近くに後退していました。ポーリンはそこからポジションアップを図り、19位でチェッカー。バブリシェフは8位争い中で転倒を喫するも、11位までばん回してレースを終えました。

レース2までの間に路面が乾いたことと、さらにコース補修が行われたことでコンディションは回復しましたが、それでもミスを犯しやすい状況。バブリシェフはまたしても外側のゲートから好スタートを決め、トップ10に食い込みましたが、ポーリンは1コーナーで転倒を喫し、それがポジションばん回を妨げることになりました。

160829_47

MXGPクラスで総合首位をひた走るティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)も、過酷なコンディションに苦しみました。

レース1では、水浸しとなった2コーナーでクラッシュ。最後尾まで後退するも12位まで追い上げ、チャンピオンに向けた貴重なポイントを加算しました。

160829_48

レース2では、すばらしい走りでライバルを次々とパッシングし、一時は3番手までポジションアップ。そこまでは順調で力強く走っていたガイザーでしたが、クレメント・デサール(カワサキ)を相手に2番手争いを繰り広げていた最中、ウェーブセクションでコース外に飛び出し、フェンスに衝突。その際にスロットルとブレーキレバーを破損してしまったため、今シーズン初めてのリタイアを喫しました。

160829_49

今回は苦戦を強いられたガイザーですが、残り2戦4レースを残し、ランキング2位のアントニオ・カイローリ(KTM)に対して65ポイントのリード。次週の米国・シャーロットで50ポイント差以上のリードを保てれば、ルーキーイヤーでのチャンピオン獲得が決定することになります。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る